【オススメのアートスポット紹介!vol.3】立命館大学国際平和ミュージアム 2018年度春季特別展「ヤズディの祈りー林典子写真展ー」

【オススメのアートスポット紹介!vol.3】立命館大学国際平和ミュージアム 2018年度春季特別展「ヤズディの祈りー林典子写真展ー」

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
立命館大学国際平和ミュージアム 2018年度春季特別展
ヤズディの祈り-林典子写真展-
 


フォトジャーナリスト、林典子氏による少数民族ヤズディの写真展。
独自の宗教をもち主に中東地域を本拠に暮らしてきたヤズディは、2014年、イスラム過激派組織ISによって多数が殺害され、女性は性奴隷にされる惨劇にみまわれました。
本展では、林氏がイラクやドイツなどへ逃れたヤズディへの取材を重ねた写真集『ヤズディの祈り』や、その後の調査取材の記録などを紹介します。
イラク北西部シンガル山の麓で、何世代にもわたり営んできた日常を一瞬にして奪われたヤズディの人々。
望郷の思いをかかえ未来へ生きる一人ひとりの姿を、静かなまなざしでとらえた作品の数々を展示します。


  生後8ヶ月の息子ビワに母乳を与えるズィーナ ©林典子

 

"林典子さんはヤズディによりそい丁寧に取材を重ねています。
そんな彼女の写真が写しとったのは悲劇よりも、彼らが大切にしてきた日常です。
会場も、ヤズディの故郷シンガル山での暮らしや、乾いた大地の空気まで伝わるような迫力ある空間になっています。
遠い異国の物語としてではなく、私たち一人ひとりにとって平和に生きるとはどういうことか、思いをめぐらせてもらえたら幸いです。"

(立命館大学国際平和ミュージアム 学芸員 田鍬 美紀) 

◆オープニングイベント  林典子トーク
 登壇者  林 典子(フォトジャーナリスト)/竹中 悠美(立命館大学大学院先端総合学術研究科教授)
 日 時  2018年4月14日(土)13:00~15:00
 会 場  立命館大学国際平和ミュージアム 1階ロビー

◆会   期    2018年4月14日(土)~7月16日(月・祝)
◆休館日 月曜日(ただし7/16は開館)
◆時 間   9:30~16:30(入館は16:00まで)

 ※毎週金曜日Friday Night Museumを実施、特別展のみ19:00まで延長(入館は18:30まで)

◆会 場    立命館大学国際平和ミュージアム1階・中野記念ホール
◆参観料 大人400円(350円)、中・高生300円(250円)、小学生200円(150円)
            ( )内は20名以上の団体料金
  ※常設展見学可
  ※国際博物館の日(5/18・19・20)は無料公開。
  ※KYOTOGRAPHIE共通パスポート提示で当写真展のみ1回限り無料
◆主 催    立命館大学国際平和ミュージアム
◆協 力    赤々舎、松本工房、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭
◆後 援    京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、KBS京都、朝日新聞社、京都新聞、毎日新聞京都支局、読売新聞社
◆助 成    公益財団法人花王芸術・科学財団
ホームページURL  http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/event/special/2018/exhibition2018_1.html

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018 公式HPはコチラ

京都新聞アート&イベント情報サイト[ことしるべ]の紹介
メインプログラム
 京都文化博物館 別館 ジャン=ポール・グード SO FAR SO Goude
 京都新聞ビル印刷工場跡(B1F) ローレン・グリーンフィールド GENERATION WEALTH
関連プログラム
 細見美術館 永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―
 美術館「えき」KYOTO 蜷川実花 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI