アート・展示
入場・参加無料
京都ならでは!
終了

開催期間:2018年1月26日(金)~2018年2月5日(月)

◆終了◆ 第5回 続「京都 日本画新展」

◆終了◆ 第5回 続「京都 日本画新展」

続「京都 日本画新展」は、京都画壇の将来を担う人材の育成をめざし、2008年度に創設された「京都 日本画新展」を継承・発展する形で新たにスタートいたしました。京都を中心に活躍する創造性あふれた若い人材の活動を奨励し、京都の文化の発展に寄与することを目指しています。本展では、大賞・優秀賞受賞作をはじめ、推薦委員から推薦を受けた20~40歳代までの39作家の作品を一堂に展覧。あわせて推薦委員の新作等も発表します。第5回の節目を迎える本展にご期待ください。

【ホテルグランヴィア京都での展示スケジュール(予定)】
<展示場所=ホテルフロントロビー2階>
・2月 7日(水)~2月27日(火)大 賞 山内登喜雄「さぐりの樹」
・3月 1日(木)~3月22日(木)優秀賞 北島文人「思い出」
・3月24日(土)~4月12日(木)優秀賞 福田季生「花薫る」

<展示場所=ホテルM3階通路>
・第1期:2月 7日(水)~2月15日(木)
 石田翔太「一枚の布」/尾花和子「行方」/権美愛「LOSE」/清水葉月「バタフライエフェクト」/戸田香織「雲」/濱谷綾菜「あの場所ぜんぶ」

・第2期:2月17日(土)~2月27日(火)
 幸山ひかり「私とタネと花と土」/髙谷英美子「壁の中のアジト」/寺脇扶美「the crystal placed on the paper #02」/西川礼華「あとかた」/橋爪ちなつ「きっかけ」/ベリーマキコ「希望」

・第3期:3月 1日(木)~3月11日(日)
 小林紗世子「オルト」/猪股美春「夕薫る」/梶浦隼矢「寂日」/霜下樹「茫洋の時」/前田恭子「春を告ぐ」/山田衣織「月守り」

・第4期:3月13日(火)~3月22日(木)
 諏訪智美「心の淵」/沖谷晃司「夏の日」/久保璃空「森閑の厳」/監物紗羅「嘘(ほんとう)の場所」/後藤吉晃「野辺」/若林静香「空から」

・第5期:3月24日(土)~4月 1日(日)
 高田凱月「黙連」/河野雄大「さざめき」/小杉侑未「橙香る」/高野純子「雪原」/前田和子「しずかな庭」/吉原拓弥「草叢」

・第6期:4月 3日(火)~4月12日(木)
 岸田尚子「洸」/釣谷梓「やわく、ゆれる」/中尾博恵「蓮池清閑図」/中村貴弥「結晶山景図」/早田栄美「Caries」/森桃子「草漕ぎ」

※各期間の間の日は展示替えのため、作品展示はありません。

 


 

 

【ギャラリートーク開催のお知らせ】
※いずれも午後2時から(各回約60分)
・1月26日(金) 大野 俊明(日本画家)
・1月29日(月) 竹内 浩一(日本画家)
・1月30日(火) 林  潤一(日本画家)
・1月31日(水) 村田 茂樹(日本画家)


■推薦委員      ※50音順・敬称略
大野 俊明(日本画家)
竹内 浩一(日本画家)
林  潤一(日本画家)
村田 茂樹(日本画家)

■審査委員      ※50音順・敬称略
尾﨑 正明(茨城県近代美術館長)
菊屋 吉生(山口大学教授)
島田 康寬(美術評論家)
野地耕一郎(泉屋博古館分館長)
吉中 充代(京都市美術館学芸課課長補佐)

■出品作家
石田翔太、猪股美春、沖谷晃司、尾花和子、梶浦隼矢、河野雄大、岸田尚子、北島文人、久保璃空、監物沙羅、幸山ひかり、小杉侑未、後藤吉晃、小林紗世子、権美愛、清水葉月、霜下樹、諏訪智美、高田凱月、髙谷英美子、高野純子、釣谷梓、寺脇扶美、戸田香織、中尾博恵、中村貴弥、西川礼華、橋爪千夏、濱谷綾菜、早田栄美、福田季生、ベリーマキコ、前田和子、前田恭子、森桃子、山内登喜雄、山田衣織、吉原拓弥、若林静香

■受賞作品
・大賞 山内登喜雄 「さぐりの樹」(上段)
・優秀賞 北島文人 「思い出」(下段左)
・優秀賞 福田季生 「花薫る」(下段右)



★☆第5回 続「京都日本画新展」開催記念イベントを実施します!!☆★

続「京都 日本画新展」記念シンポジウム
テ ー マ=「日本画の未来・京都の役割」
基 調 講 演=田島達也(京都市立芸術大学教授)
パネリスト=大野俊明(日本画家)、村田茂樹(日本画家)、林 潤一(日本画家)、竹内浩一(日本画家)
開 催 日=1月27日(土) 開催時間=午後2時~3時30分
参 加 費=1,000円(事前申込制)
定   員=200名(先着順、定員になり次第応募受付を終了します)
応 募 方 法=①下記のURLの専用申し込みフォームから申し込み
       応募URL:https://ssl.kyoto-np.jp/shinten/
      ②往復ハガキ
      ※それぞれ1件につき3名様までの申し込みとさせていただきます。
問い合わせ=続「京都 日本画新展」事務局(京都新聞COM事業局内)
      Tel:075-255-9758(平日:午前10時~午後5時)

続「京都 日本画新展」×ギャラリーカフェ京都茶寮
→第1回~第4回の続「京都 日本画新展」出品作家による作品の展示販売。
開 催 時 期=1月13日(土)~2月15日(木)
開 催 時 間=午前10時~午後7時
会   場=ギャラリーカフェ京都茶寮(JR京都駅)
問い合わせ=ギャラリーカフェ京都茶寮
      Tel:075-342-2170(午前10時~午後7時)


★1月24日(水)付京都新聞に掲載された特集紙面はコチラからご覧いただけます。

開催期間2018年1月26日(金)~2018年2月5日(月)
時間午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉館、入館は閉館30分前まで)
休館日なし
会場 美術館「えき」KYOTO
JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
料金無料
お問い合わせ京都新聞COM事業局事業部  電話:075(255)9758
主催/後援など主催:西日本旅客鉄道株式会社、京都新聞
後援:京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
京都商工会議所、エフエム京都
備考2018年2月7日(水)~4月12日(木)ホテルグランヴィア京都にて展示
展示場所:ホテルフロントロビー2階、M3階通路(※6期に分けて展示)