• トップ
  • イベントを探す
  • 京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢 第1部~第3部総集編 ―江戸から現代へ―」
アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
キッズ・ファミリー向け
京都ならでは!
開催まで67日

開催期間:2020年10月10日(土)~2020年12月6日(日)

京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢 第1部~第3部総集編 ―江戸から現代へ―」

京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢 第1部~第3部総集編 ―江戸から現代へ―」

日本文化の伝統と創造の中心地である京都が誇る美術の歴史。本展は、江戸から明治、昭和、そして現代まで約250年間の京都の美術を彩った名品を全国から集め、総合的に紹介します。当初3部構成で実施予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により展示計画を大幅に変更。第1部から第3部に出品予定であった作品を更に厳選し、「京都の美術 250年の夢」を展望できる総集編として再構成しました。「コロナ」の時代に開館する美術館として、様々な困難を乗り越えて、これからも「京都の美術」を継承・発展、また未来を展望できる展覧会として開催します。

会期は下記の通りです。
会期 2020年10月10日(土)~12月6日(日)
   前期:10月10日(土)〜11月8日(日)
   後期:11月10日(火)〜12月6日(日)
   ※前期・後期で作品が大幅に入れ替わります。

【ご案内】
当面の間、感染症対策として、事前予約・定員制による入館制限および入館者の体温チェックを実施の予定です。
展覧会の事前予約をされていない方は、カフェ・ミュージアムショップ等の無料エリアにもご入館いただけません。

詳細はこちらをご覧ください。

<問い合わせ>
美術館ウェブサイト:http://kyotocity-kyocera.museum/
電話番号:075-771-4334 (10:00〜18:00)


本展の特色Ⅰ:日本画と工芸を中心軸に、「京都の美術」を総合的に展望

「京都の美術」では一般的に日本画に関心が集まりがちですが、同時代の工芸にも面白く優れた作品が多数存在します。明治時代に登場した洋画や彫刻が、京都ならではの日本画や工芸との関わりのなかで、どのように展開したのか。戦後から現代にかけての時代の潮流のなかで、「京都の美術」の伝統を継承しながら、どのような新しい創造が行われたのか。これまで時代や分野ごとに紹介されることの多かった「京都の美術」の全貌を、分野を超えて総覧することを試みます。

本展の特色Ⅱ:京都にない、京都の美術

本展は、文化庁をはじめ、宮内庁三の丸尚蔵館、東京国立博物館、京都国立博物館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、東京藝術大学大学美術館など日本を代表する美術館、博物館の協力を得て開催するものです。京都にある名品だけではなく、京都では鑑賞の機会の少ない「京都の美術」の代表作を全国から一堂に集め、ご覧いただきます。

<主要作家等>
江戸から明治へ
与謝蕪村/伊藤若冲/曾我蕭白/円山応挙/呉春/長澤芦雪/富岡鉄齋/
菊池芳文/山元春挙/田村宗立/浅井忠/奥田穎川/(三代)清風與平 など


曾我蕭白《群仙図屏風》1764年 文化庁蔵 重要文化財  上:左隻  下:右隻 ◎後期 11月10日〜11月15日のみ展示 

明治から昭和へ
竹内栖鳳/上村松園/菊池契月/橋本関雪/土田麦僊/小野竹喬/中村大三郎/福田平八郎/堂本印象/
梅原龍三郎/安井曾太郎/神坂雪佳/(五代)清水六兵衞/河井寬次郎 など


土田麦僊《大原女》1927年 京都国立近代美術館蔵 ◎通期展示 

戦後から現代へ
堂本印象/山口華楊/上村松篁/須田国太郎/北脇昇/堀内正和/小清水 漸/
富本憲吉/八木一夫/森村泰昌/やなぎみわ/伊庭靖子 など


森村泰昌 《セルフポートレイト(女優) リタ・ヘイワースとしての私1》1996 年 個人蔵 ◎通期展示 


※9月6日(日)まで「京都の美術250年の夢 最初の一歩:コレクションの原点」(本館 北回廊1階)を開催中です!

※10月4日(日)まで「杉本博司 瑠璃の浄土」(東山キューブ)を開催中です!

開催期間2020年10月10日(土)~2020年12月6日(日)
時間10:00〜18:00 ※当面の間、事前予約制など制約あり
休館日月曜日 ※祝日の場合は開館
会場 京都市京セラ美術館 本館 北回廊1階、2階
京都市左京区岡崎円勝寺町124
ホームページhttps://kyotocity-kyocera.museum/
料金一 般:1,600(1,400)円
大学・高校生:1,200(1,000)円
中学生以下:無料
※( )内は20名以上の団体料金
※京都市内在住または通学の高校生は無料(確認できるものが必要)。
※障害者手帳等を提示の方は本人および介護者1名無料。
お問い合わせ075-771-4334(京都市京セラ美術館)
主催/後援など主催:京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢」実行委員会 (京都市、朝日新聞社、京都新聞、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、NHK京都放送局、MBS、KBS京都、朝日放送テレビ、テレビ大阪、関西テレビ放送、読売テレビ)
備考※本展は開館延期にともない、当初3部構成で実施予定であった会期・展示内容等を再構成します。また、当面の間、事前予約・定員制にてご案内の予定です。