樂美術館 春期特別展 茶碗の結ぶ「縁」 特集
アート・展示
 

樂美術館 春期特別展 茶碗の結ぶ「縁」 特集

3月4日より樂美術館で開催されている『茶碗の結ぶ「縁」』で展示されている、様々な作品にまつわるストーリーを紹介します。

千家と樂家で今日まで続く「縁」は、千利休と樂家初代・長次郎との出会いから始まりました。また、その後の本阿弥光悦との出会いも、徳川将軍家などの有力大名と縁をつなげ、引き合わせるなど大きな意味を持ちました。本展では当代吉左衞門氏の友人・萩焼十五代坂倉新兵衛氏の作品を展示するなど、樂家と様々な「縁」のある作品が紹介されています。

ことしるべ特集ページでは、長い歴史の中でお茶碗を巡って展開されてきたストーリーの一端をご紹介します。ぜひご覧ください。

連載記事