• トップ
  • 特集一覧
  • ことしるべ美術クラブ
  • 【ことしるべ美術クラブ スタッフおすすめのアートスポットVol.191】市民交流プラザふくちやま 2021年度 共生の芸術祭「旅にでること、その準備」巡回展 
【ことしるべ美術クラブ スタッフおすすめのアートスポットVol.191】市民交流プラザふくちやま 2021年度 共生の芸術祭「旅にでること、その準備」巡回展 

【ことしるべ美術クラブ スタッフおすすめのアートスポットVol.191】市民交流プラザふくちやま 2021年度 共生の芸術祭「旅にでること、その準備」巡回展 

2022年2月16日~20日
2021年度 共生の芸術祭「旅にでること、その準備」巡回展

京都府内外の7組の障害のある方の作品を紹介する展示の巡回展を福知山にて開催します。

旅にでること。この場所から離れ、見知らぬ土地を歩き、新しい文化や価値、人と出会い、時に迷いながらも先へと進む。
旅はこの世界の多様なあり方と視点をもたらし、この日常を生きる私たちをより豊かにしてくれます。
ただ、旅にでることはそれぞれが置かれた状況により、そう容易ではないかも知れません。
けれど、物理的にどこか遠くへ行けなくとも、この場所からまだ見ぬ地を想像することはできる。
それは言わば旅にでるための「準備」であり、私たちをここではないどこかへと連れて行ってくれることでしょう。

本展覧会では、「旅にでること、その準備」と題し、京都府内外の7組の障害のある方々の表現を紹介します。
私たち一人ひとりを異なる人間として捉え、そこにそれぞれの経験や価値観、時間や考え方があるのであれば、他者と共に生きる私たちはさながらそれらを往来する旅人のようでもあります。
彼ら、彼女らの表現はそうしたこの世界の多様さと豊かさを私たちの内に改めて発見させてくれるはずです。
それは、この場所から見える景色を新しく、眩いものに変え、この先に来るべき私たちの未来へと続いてゆくのではないでしょうか。

※本展は2021年12月9日~26日に京都市美術館別館にて開催された展示の巡回展です

【出展作家】

アトリエみつしま 井口直人 上嶋浩綺
勝山直斗 西生てる子 古谷秀男 松原日光

2021年10月16日「アトリエみつしま」にて
(撮影:art space co-jin)

井口直人「無題」
制作年不明|紙、インク、複写機

上嶋浩綺「萌花共和国地図」
2019年|534×372mm|ボールペン、色鉛筆、紙

勝山直斗「タイトルなし」
制作年不明|2021年10月20日、久美学園にて
(撮影:art sapce co-jin)

西生てる子「タイトルなし」
制作年不明|352×251mm(22P)|スケッチブック、オイルパステル

古谷秀男「タイトルなし」
制作年不明|274×382mm|ペン
(画像提要 Able Art Company)

松原日光「軽飛行機」
制作年不明|950×1058mm|糸、布
(画像提供:アートと障害のアーカイブ・京都)


《2021年12月9日~26日京都市美術館別館で開催時の展示風景》

2021年度 共生の芸術祭「旅にでること、その準備」巡回展
会 期  2022年2月16日(水)~2022年2月20日(日)
時 間  10:00-18:00[16日(水)は13:00から・20日(日)は17:00まで]
会 場  市民交流プラザふくちやま 市民交流スペース+ギャラリー(3階)
     〒620-0045 京都府福知山市駅前町 400番地


入場料  無料
主 催  きょうと障害者文化芸術推進機構
協 力  社会福祉法人さふらん会 さふらん生活園、社会福祉法人 大和会 大和高原 太陽の家、Able Art Company、社会福祉法人 久美愛園 久美学園、アトリエみつしま、社会福祉法人 南山城学園、就労支援施設 ヴィレッジれん(順不同)