アート・展示
入場・参加無料
京都ならでは!
開催まで160日

開催期間:2018年1月26日(金)~2018年2月5日(月)

第5回 続「京都 日本画新展」

続「京都 日本画新展」は、京都画壇の将来を担う人材の育成をめざし、2008年度に創設された「京都 日本画新展」を継承・発展する形で新たにスタートいたしました。京都を中心に活躍する創造性あふれた若い人材の活動を奨励し、京都の文化の発展に寄与することを目指しています。本展では、大賞・優秀賞受賞作をはじめ、推薦委員から推薦を受けた20~40歳代までの40作家の作品を一堂に展覧。あわせて推薦委員の新作等も発表します。第5回の節目を迎える本展にご期待ください。

■推薦委員      ※50音順・敬称略
大野俊明(京都市立芸術大学特任教授)
竹内浩一(日本画家)
林 潤一(京都嵯峨芸術大学名誉教授)
村田茂樹(日本画家)

■審査委員      ※50音順・敬称略
尾﨑正明(茨城県近代美術館長)
菊屋吉生(山口大学教授)
島田康寬(美術評論家)
野地耕一郎(泉屋博古館分館長)
吉中充代(京都市美術館学芸課課長補佐)

■出品作家
石田翔太、猪股美春、沖谷晃司、尾花和子、梶浦隼矢、河野雄大、岸田尚子、北島文人、久保璃空、監物沙羅、幸山ひかり、小杉侑未、後藤吉晃、小林紗世子、権美愛、清水葉月、霜下樹、諏訪智美、高田凱月、髙谷英美子、高野純子、釣谷梓、出口義子、寺脇扶美、戸田香織、中尾博恵、中村貴弥、西川礼華、橋爪千夏、濱谷綾菜、早田栄美、福田季生、ベリーマキコ、前田和子、前田恭子、森桃子、山内登喜雄、山田衣織、吉原拓弥、若林静香

写真=第4回展大賞作品 上坂秀明 「ナゾトキヤマ」

 

★2018年2月初旬~4月中旬ホテルグランヴィア京都にて展示
展示場所:ホテルフロントロビー2階、M3階通路(※期間を5期に分けて展示)

 

開催期間2018年1月26日(金)~2018年2月5日(月)
時間午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉館、入館は閉館30分前まで)
休館日なし
会場 美術館「えき」KYOTO
JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
料金無料
お問い合わせ京都新聞COM事業局事業部  電話:075(255)9758
主催/後援など主催:西日本旅客鉄道株式会社、京都新聞
後援:京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
京都商工会議所、エフエム京都