講演・フォーラム
京都ならでは!
開催まで4日

開催期間:2018年11月25日(日)~2018年11月25日(日)

シンポジウム 京都の文学賞創設に向けて~新たな作家を発掘!~

シンポジウム 京都の文学賞創設に向けて~新たな作家を発掘!~

世界文化自由都市宣言40周年を契機とした文化都市・京都の発信、発展、活字文化の振興に寄与するための新たな文学賞の創設について、作家や有識者とともに考え、広く市民の皆様の意見を聴取するシンポジウムを開催します。

「爪と目」で芥川賞を受賞した藤野可織さんのトークショーと、藤野さん、「京都寺町三条のホームズ」が話題の望月麻衣さん、大垣書店社長の大垣守弘さんをパネリストに、元「小説新潮」編集長の校條剛さんがファシリテーターを務めるパネルディスカッションです。

 〔日時〕
 2018年11月25日(日)午後3時~同5時(同2時30分開場)
 
〔会場〕
 立命館朱雀キャンパス ホール(京都市中京区西ノ京朱雀町1)

〔内容〕
・文学賞(案)の概要説明

・トークショー 「私が作家になるまで、なってから」 藤野可織さん(作家)

・パネルディスカッション 「京都文学の新たな可能性」
 パネリスト(順不同):藤野可織さん、望月麻衣さん(作家)、大垣守弘さん(大垣書店代表取締役社長)
 ファシリテーター:校條剛さん(京都造形芸術大学教授)

※参加無料。定員400名(要事前申し込み。応募多数の場合は抽選)。2018年11月15日(木)必着。◆〆切延長しました!◆
 申し込み方法など詳細は、下記のホームページをご参照ください。
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000243983.html

開催期間2018年11月25日(日)~2018年11月25日(日)
時間午後3時~同5時(開場:同2時30分)
会場 立命館朱雀キャンパス ホール(京都市中京区西ノ京朱雀町1)
ホームページhttp://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000243983.html
料金参加無料
お問い合わせ京都新聞COM営業部
TEL:075-241-6172(平日午前10時~午後5時)
主催/後援など主催:京都市、共催:京都新聞、協力:大垣書店
備考定員400名
※要事前申し込み、応募多数の場合は抽選
※2018年11月15日(木)必着 ◆延長しました!◆