アート・展示
 

水木しげる 魂の漫画展

9月22日(土)から11月25日(日)まで、龍谷大学 龍谷ミュージアムにて開催される秋季特別展「水木しげる 魂の漫画展」に関わる情報を紹介します。

日本漫画界の鬼才・水木しげる、本名・武良茂(むら しげる)は、1922年に生まれ、2015年11月に惜しまれながら亡くなるまで、その93年間の生涯を現役で在り続けました。
「ゲゲゲの鬼太郎」に代表される妖怪漫画で有名になった水木氏ですが、ユーモアと皮肉、創造性にあふれる短編の数々や、己の体験を基にしたリアルな戦記物、さらには歴史上の個性的な人物を独自の視点から描いた評伝など、妖怪以外の漫画作品においても高い評価を得ています。
本展では、93年間の生涯をかけ、魂を込めて描き続けた作品に焦点をあて、生原稿・原画のほか、少年期に描いた貴重なスケッチなど、未公開作品を含む約300点をご紹介します。

連載記事