京都新聞COM 京都新聞グループ

グループ経営、ホールディングス体制について

 京都新聞社は2006年4月、「読者第一主義」のもと、経営基盤の一層の強化を目指してグループ経営に移行し、京都新聞COMは京都新聞社から分社化して誕生しました。また、2014年4月には、京都新聞社はホールディングス体制をスタートさせ、京都新聞COMもその傘下に入ります。

 ホールディングス体制移行により京都新聞COMは、グループの発展・強化と言論・報道活動を中心としたあらゆる事業を通じて、京都・滋賀の活性化に貢献するとともに、グループ経営のさらなる効率化をはかり、新聞事業以外の新たな収益源を確保して、新聞事業をサポートしていくという大きな使命が与えられています。

 


京都新聞COMの役割、責務について

 京都新聞COMは販売、広告、事業の営業部門と、総務、経理の管理部門をもつ総合戦略の会社です。京都新聞グループの一翼を担いグループの最大利益を追求し、合わせて社名の由来(COMは-commerce:商業、commission:委託、common sense:良識、communication:伝達、community:共同体、compass:羅針盤などを表す)に基づき、創造と工夫とチャレンジ精神で多様な事業を目指しています。

 新聞事業は長らく、読者の皆様からの新聞購読料収入と広告主の皆様からの新聞広告出稿によって得られる広告掲載料収入によって支えられてきました。これらの収入がこれからも新聞事業を支える柱となる構造に変わりはありません。

 しかし、少子高齢化や情報社会のデジタル化、多種多様なメディアとの競合の中で、新聞事業を取り巻く環境は今後厳しさを増すと予想されます。こうした環境の変化に対応するため、新たな収入源を確保していくことが喫緊の課題であり、京都新聞COMはその課題を解決していくという大きな責務を担っています。

 


京都新聞COM 会社案内・採用情報トップへ戻る