• トップ
  • 特集一覧
  • 「明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美」イベント報告
アート・展示
 

「明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美」イベント報告

明治改元150年を記念して明治期の華やかな皇室文化を紹介します。
明治天皇が東京へ移居し日本の近代化を推し進める政府は、鹿鳴館で外国使臣をもてなすなど欧化政策をとる一方、江戸時代から続く日本独自の優れた美術・工芸を世界に発信するため帝室技芸員制度をつくり、その保護・育成に努めました。京都からも多く輩出された帝室技芸員の作品をはじめ、皇室にまつわる調度品の数々から明治皇室文化の美と技の粋をご覧ください。
ここではイベントの様子などを報告していきます!

連載記事