• トップ
  • 特集一覧
  • 写真で旅する パリ・京都 ― 「パリ・マグナム写真展」&「近代京都へのまなざし」特集
写真で旅する パリ・京都 ― 「パリ・マグナム写真展」&「近代京都へのまなざし」特集
アート・展示
 

写真で旅する パリ・京都 ― 「パリ・マグナム写真展」&「近代京都へのまなざし」特集

7月1日(土)より、京都文化博物館で開催の「世界最高の写真家集団マグナム・フォト創立70周年 パリ・マグナム写真展」の特集コーナーです。同時開催の「近代京都へのまなざし―写真にみる都の姿―」とあわせて、展覧会の見どころの紹介や関連イベントの報告などをしていきます。

                    

1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張することを目的」として、写真家集団マグナムが結成されました。以後、マグナムは20世紀写真史に大きな足跡を残した写真家たちをキラ星のごとく輩出してきました。そして現在も地球規模で新しい写真表現を発信し続けている集団です。
本展では、世界最高の写真家集団マグナムを代表する約30名の写真家が「パリ」をテーマに撮った約130点の作品を展示します。

                    

また、同展覧会にあわせて3階展示室で開催される「近代京都へのまなざしー写真にみる都の姿ー」の紹介もこちらでおこないます。京都府所蔵のコレクションを中心に、明治から昭和にかけての京都の街や人々を写した写真をご覧いただけます。

「パリ」「京都」、2つの街の姿を写真を通してお楽しみください。

 

連載記事