アート・展示
終了

開催期間:2020年4月4日(土)~2020年5月17日(日)

【開催中止・通信販売あり】特別企画展「椿、咲き誇る 椿を描いた名品たち」

【開催中止・通信販売あり】特別企画展「椿、咲き誇る 椿を描いた名品たち」

日本を代表する美しい花木で、吉祥の花として古くから愛され多くの絵画や工芸品のモチーフとして取り上げられてきた「椿」。

本展では、椿をテーマにした美術品の収集で知られるあいおいニッセイ同和損保コレクションから、尾形光琳・乾山の工芸品をはじめ、横山大観・村上華岳・徳岡神泉・奥村土牛・堀文子などの日本画、岸田劉生・熊谷守一などの洋画もあわせた57点の作品を展示します。
橋本花・牧進・鳥海青児など、京都で紹介される機会の少ない作家の作品にも注目です。

豪華メンバーによる、椿をモチーフにした作品の数々をお楽しみください。

また、堂本印象美術館コレクションのなかから、
椿を描いた堂本印象作品とスケッチ11点もあわせて紹介します。

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本展は開催中止となりました
最新情報は堂本印象美術館HPをご確認ください

【出品作品一部紹介】

《関連イベント・会期中イベント情報》

[中止]●講演会 
「コレクションの由来、背景について」
 
日時:5月3日(日・祝)14時~15時 
講師:反町光太郎氏(あいおいニッセイ同和損保 広報部広報室) 
聞き手:山田由希代氏(京都府立堂本印象美術館主任学芸員)
場所:学校法人立命館旧堂本印象邸(美術館東隣) 
定員:30名(当日13時より美術館ロビーにて整理券配布) 
要入館券または65歳以上の方は要証明

●ギャラリートーク (4/19は中止)
学芸員が展示作品について解説します 
日時:4月19日(日)、5月9日(土)14時~(30分程度) 
場所:美術館2階展示室

[中止]●第3回堂本印象美術館野外彫刻展 
会期:4月21日(火)~5月17日(日)
入場無料


☆★☆★☆2020年4月3日付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます!!

開催期間2020年4月4日(土)~2020年5月17日(日)
時間午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前)
休館日毎週月曜日(ただし5月4日は開館)
会場 京都府立堂本印象美術館
京都市北区平野上柳町26-3
ホームページhttp://insho-domoto.com/
料金一般510(400)円、高大生400(320)円、小中生200(160)円
※()内は20名以上の団体料金
※65歳以上の方(要公的証明)、および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名含む)は無料
※トマト倶楽部会員カード提示で20%割引
お問い合わせ京都府立堂本印象美術館 075-463-0007
主催/後援など主催:京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞
特別協力:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
助成:一般財団法人地域創造