アート・展示
滋賀ならでは!
終了まで12日

開催期間:2018年10月20日(土)~2018年12月2日(日)

秋季特別展Ⅱ「百の手すさび 近代の茶杓と数奇者往来」

秋季特別展Ⅱ「百の手すさび 近代の茶杓と数奇者往来」

茶杓(ちゃしゃく)とは、茶器に入った抹茶をすくい、茶碗に入れるための茶道具の一種です。一見とてもシンプルな一片の匙にも関わらず、「茶杓は人なり」と称せられ、古くから大切に扱われてきました。

本展は、竹芸家・池田瓢阿(ひょうあ)氏の監修のもと、千利休や小堀遠州など近代茶杓の礎となった近世(安土桃山時代~江戸時代)の茶杓を通した交友も回顧しつつ、三井財閥を支えた益田鈍翁を中心に、東西の近代数奇者約30人が作った茶杓を展観します。

また、近代に活躍した上村松園などの女性のほか、谷崎潤一郎や川喜田半泥子など文化人・芸術家らによる茶杓もあわせて合計120余点を展示し、なぜ茶杓を作るのか、その魅力とは何かを探ります。あわせて、茶杓以外の自作道具やゆかりの蒐集(しゅうしゅう)品約80点も展観し、当時の数奇者の茶の湯の一端をご覧いただきます。

明治以降、新生日本の経済だけでなく、文化面においても新たな風を巻き起こした偉人たちの存在を、茶杓を通じてたどります。

展示構成 ※会期中一部展示替えあり

第1章 近世の茶杓 贈り筒を中心に

第2章 益田鈍翁 近代数奇者の大立者

第3章 益田鈍翁を取り巻く関東・中京における数奇者の茶杓

第4章 女性による茶杓

第5章 関西における数奇者の茶杓

第6章 文化人の茶杓

イベント&プログラム

講演会① 「茶杓について」(仮称)
  講師:池田 瓢阿氏(いけだ ひょうあ 竹芸家 本展覧会監修)
  日時:11月10日(土)午後2時~午後3時半

講演会② 「近代数奇者とは」(予定)
  講師:熊倉 功夫氏(くまくら いさお MIHO MUSEUM館長)
  日時:11月17日(土)午後2時~午後3時半

①②とも
  会場:南レクチャーホール
  定員:100名
予約不要:当日美術館棟受付にて整理券配布
参加無料(入館料要)

ワークショップ 「茶杓削り体験」
展覧会中、毎週開催予定
詳細は決定次第MIHO MUSEUMのHPにて発表
 


☆★☆★☆2018年10月16日付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます!!

開催期間2018年10月20日(土)~2018年12月2日(日)
時間午前10時~午後5時【入館は午後4時まで】
休館日毎月曜日
会場 MIHO MUSEUM
甲賀市信楽町田代桃谷300
料金一般1,100円、高・大生800円、小・中生300円
【20名以上の団体は各200円割引】
お問い合わせMIHO MUSEUM TEL.0748ー82ー3411
主催/後援など主催:MIHO MUSEUM、京都新聞
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、BBCびわ湖放送、エフエム京都