アート・展示
女性におすすめ
京都ならでは!
終了まで15日

開催期間:2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日)

愛媛県美術館所蔵 杉浦非水―モダンデザインの先駆者―

愛媛県美術館所蔵 杉浦非水―モダンデザインの先駆者―

モダンで粋なデザインを手掛けた杉浦非水。愛媛県出身の非水は東京美術学校在学中、黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案やポスターに影響を受け、図案家となりました。その後ポスターやパッケージデザインなど多分野で作品を残しています。本展は京都で開催する初の非水展です。ぜひお運びください。

 浦非水(1876~1965)は、愛媛県松山市に生まれました。東京美術学校入学後は円山派の川端玉章に師事するなど日本画を学んでいましたが、在学中に洋画家・黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案に魅せられ、以後図案家として活躍します。
 治41年には三越呉服店に入社し、初代図案部主任を務め、昭和初期まで同店のポスターやPR誌表紙絵などを一手に担当、看板デザイナーとして「三越の非水か、非水の三越か」とまで称されました。図案家として活躍した非水の作品は現在でいう「グラフィックデザイン」の原点であり、近代美術史上きわめて重要な位置にあります。
 展では、愛媛県美術館の約7000件の非水コレクションから、厳選した作品を展観します。京都で開催する初めての非水展となります。モダンでおしゃれな非水の世界をご堪能ください。

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

★会期中のイベント★

◇ギャラリートーク ※別途入館料が必要
日時:4月15日(土) 午前11時~・午後3時~
講師:長井 健氏(愛媛県美術館 学芸員)
会場:細見美術館 展示室

◇第39回アートキューブレクチャー
「近代広告の誕生―非水が目指したポスターというニューメディア」
日時:5月28日(日)午後2時~
講師:竹内 幸絵氏(同志社大学 教授)
会場:京都国立近代美術館 講堂

◇茶室で愉しむ アートサロン「杉浦非水の魅力」 ※事前申込制・有料
日時:5月13日(土)午前11時~・午後2時~
講師:福井 麻純氏(細見美術館 主任学芸員)
会場:茶室 古香庵(細見美術館3階)・細見美術館 展示室

※イベントの詳細は細見美術館ホームページをご覧ください。


★京都新聞トマト倶楽部会員はカード提示で本人のみ無料!!★

 京都新聞トマト倶楽部については⇒コチラ

「三越呉服店 春の新柄陳列会」大正3年(1914)愛媛県美術館蔵   「ヤマサ醤油」1920年代 愛媛県美術館蔵

 

開催期間2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日)
時間午前10時~午後6時
※入館は閉館30分前
休館日月曜日
会場 細見美術館
京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
ホームページhttp://www.emuseum.or.jp/
料金一般1200円(1100円)、学生1000円(900円)
※かっこ内は20名以上の団体料金
お問い合わせ細見美術館
電  話:075-752-5555
主催/後援など主  催:細見美術館、京都新聞
特別協力:愛媛県美術館
備考京都新聞トマト倶楽部会員はカード提示で本人のみ入館料無料

★次回展「ぎをん 齋藤コレクション 布の道標(みちしるべ)―古裂に宿る技と美―」(6月17日~8月20日)もお楽しみに!