アート・展示
キッズ・ジュニア
入場・参加無料
開催まで15日

開催期間:2022年2月11日(金)~2022年2月20日(日)

「京都 日本画新展2022」

「京都 日本画新展2022」

2008年より10年以上にわたり開催してきた「京都 日本画新展」。京都にゆかりのある若手日本画作家たちの制作を応援し、その活動の場を提供してきました。現在では本展に出品した多くの作家が、多方面で活躍しています。
今回も京都ならではの日本画展として「京都 日本画新展」を開催します。大賞、優秀賞、奨励賞受賞作をはじめ、推薦委員から推薦を受けた20~40歳代までの33作家の作品を一堂に展覧。あわせて推薦委員の新作等も発表します。
※作品は大賞 野上徹「ゆらぎの光景」

 

優秀賞 沈楠「松明・余煙」

 

優秀賞 三谷佳典「夜の隙間」

 

【動画deギャラリートーク/展覧会図録】
上位入賞者のコメント動画「動画deギャラリートーク」や、出品作品を掲載した展覧会図録をWeb上で公開予定です。

 

展覧会チラシはこちらからご覧いただけます。
 


■推薦委員※50音順・敬称略
石股 昭(奈良芸術短期大学教授)
雲丹亀 利彦(京都精華大学教授)
大沼 憲昭(嵯峨美術大学教授)
川嶋 渉(京都市立芸術大学教授)
菅原 健彦(京都芸術大学教授)
西久松 吉雄(成安造形大学名誉教授)
村居 正之(大阪芸術大学教授)

■選考委員※50音順・敬称略
太田垣 實(美術評論家)
國賀 由美子(大谷大学文学部教授)
野地 耕一郎(泉屋博古館東京館長)
畑 智子(京都文化博物館特任学芸員)
森口 邦彦(友禅作家、重要無形文化財保持者)
山田 諭(美術史家)

■出品作家
井関律葉、出口雄樹、及川美沙、大木万由、大槻拓矢、開藤菜々子、梶川友里、川上歩、北川咲、喜多美月、佐久間彩、佐竹龍蔵、沈楠、田尾桜、高畑彩佳、田口涼一、竹内茉利、竹村花菜、田中彩乃、西薗静、丹羽優太、野一色優美、野上徹、波賀野文子、花本鈴子、松田朋子、三木輝、三谷佳典、峯石まどか、宮本怜子、森紗貴、山部杏奈、吉田松之助
 

開催期間2022年2月11日(金)~2022年2月20日(日)
時間午前10時~午後7時30分(最終日は午後5時閉館、入館は閉館30分前まで)
休館日会期中無休
会場 美術館「えき」KYOTO
JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
料金入館無料
お問い合わせ京都新聞COM事業推進局開発推進部
電話:075(255)9757
主催/後援など主催=西日本旅客鉄道株式会社、京都新聞
共催=京都府、京都市、京都商工会議所
協力=文化庁 地域文化創生本部 
後援=京都府教育委員会、京都市教育委員会、KBS京都、エフエム京都
備考新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、本ページまたは事務局までお問い合わせください。