アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
京都ならでは!
終了まで2日

開催期間:2020年10月30日(金)~2020年12月6日(日)

開館60周年記念名品展Ⅱ 泉屋博古 #住友コレクションの原点

開館60周年記念名品展Ⅱ 泉屋博古 #住友コレクションの原点

泉屋博古館は60年前、京都東山・鹿ヶ谷の地に誕生しました。それから現在まで様々なテーマで展覧会を開催してきました。
そしてこの秋、開館60周年を記念して、歴代の展覧会を引っ張ってきた同館の「顔」が一堂に会すオールタイム・ベスト展を開催します。
住友コレクションを代表する「名役者」たちのそろい踏み、乞うご期待ください。

京都、泉屋博古館の誇る多岐にわたるコレクション
                 ぜひ、会場にて存分に味わってください。

時代、地域によってさまざまに変化する東アジアの仏教美術や画家の理想世界が広がる中国の書画、または文人の書斎を清雅の境地へといざなう中国文房具、数寄者・住友春翠が催した茶会の雰囲気を今に伝える茶道具や工芸、日本の書画からは茶席に相応しい瀟洒な掛物からもてなしの場を飾った大作などが競演します。
さらに本年は、大阪万博に合わせて建設された青銅器館竣工50周年を迎える年でもあり、自由で豊かな発想をもとに生み出されたモチーフがみどころな青銅器や鏡も加えて、総数200点に迫る作品をご覧いただけます。

           
伊藤若冲《海棠目白図》江戸時代           国宝 伝 閻次平《秋野牧牛図》南宋時代

 


重要文化財《佐竹本三十六歌仙絵切「源信明」》鎌倉時代

 



重要文化財《是害房絵巻》南北朝時代(展示期間 10/30~11/15)

 


《竹取物語絵巻》江戸時代(展示期間 10/30~11/15)

 

     
   《戈卣(かゆう)》商時代       重要文化財 板谷波山《葆光彩磁珍果文花瓶》大正6年(1917年)

 


《黄天目茶碗 銘 鷰》元時代
   

【関連イベント】
すべて入場料が必要です。
電話予約優先(電話075-771-6411)。各日7日前から受付開始。

◆水曜日のギャラリー・トーク
週替わりのテーマで学芸員が解説します。
日時:11/4、11/11、11/18、11/25、12/2
   各日15時~
場所:講堂
定員:40名
※講堂でのスライドトークに変更となりました。

◆ギャラリートーク(青銅器・鏡篇)
泉屋博古館自慢の青銅器コレクションについてのレクチャーです。[1日限定]
日時:11/19(木) 15時~
場所:講堂
定員:40名
※講堂でのスライドトークに変更となりました。

【割引情報】
■京都東山 美術館さんぽ
本展の半券提示で下記の展覧会の入館料が割引になります。
野村美術館
「野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美」10月24日(土)~12月13日(日)

 

開催期間2020年10月30日(金)~2020年12月6日(日)
時間10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日、11月24日(11月23日は開館)
会場 住友コレクション 泉屋博古館
京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
ホームページhttps://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
料金一般800円、高大生600円、中学生以下無料
※障害者手帳ご提示の方は無料
お問い合わせ泉屋博古館
電話:075-771-6411(代)
主催/後援など主催:公益財団法人泉屋博古館、京都新聞
後援:京都市、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、公益社団法人京都市観光協会
備考※新型コロナウイルス感染症予防・拡散防止のため、予定を変更・中止する場合があります。同館HP等にて最新情報をご確認ください。