アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
キッズ・ファミリー向け
京都ならでは!
当日参加可・予約不要
終了まで82日

開催期間:2021年9月11日(土)~2021年12月12日(日)

「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」

「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」

泉屋博古館 青銅器館では三千年以上前に作られた中国青銅器の名品の数々を、3つの展示室でテーマ別に紹介しています。4つ目の展示室ではこの秋、新たな取り組みとして「泉屋ビエンナーレ2021」を開催。
太古から引き継がれた鋳金技術の最先端に立つ現代作家9名が中国古代青銅器から着想し、制作した新作を公開します。あわせて作品の元となった青銅器と、作家の従来作品もご紹介。

太古から連綿とつづく鋳金の技術―

これまで人類はさまざまな造形を生み出し、その伝統は形を変えながら現代まで受け継がれています。その最先端に立つ鋳金現代作家9名と、東アジア金属工芸の源である中国古代青銅器という、未知との出会いによって生み出されるインスピレーション、時空を超えて共鳴する聲を純粋に表現した新作を初公開。

刺激的でクリエイティブな空間を作り出す、泉屋博古館初の試みです。

―――(展示作品)―――

梶浦聖子《万物層累聖獣盉》

見目未果《ほねを いれる ための ようき》

佐治真理子《きいてみたいこと ~Who are you?~》

三上想《鳥の青銅花器と繋ぐ花》

山下真守美《夜の集》

巽水幸《ふりつもることのかけら》

中西紗和《楽園》

平戸香菜《夜霧の月》

城戸万里子《依りどころ》

【関連イベント】
※入館料が別途必要です。
※全てのイベントはご予約が必要となります。
※ワークショップは小学4年生以上対象、別途参加費あり
【予約方法】ホームページ・電話:075-771-6411 


◇出陳作家による鋳物体験ワークショップ◇ 予約受付開始:9月1日10時~
1、メダルをつくろう(定員:各回10名)
日時:9月25日(土)①10時~ ②14時~ 
講師:佐治 真理子 氏
参加費:1000円(税込み) 

2、イカ骨‟で“つくろう(定員:各回20名)
日時:9月26日(日)①10時~ ②14時~           
   11月21日(日)①10時~ ②14時~
講師:梶浦 聖子 氏、見目 未果 氏、佐治 真理子 氏、中西 紗和 氏、山下 真守美 氏
参加費:1000円(税込み) 

3、錫皿をつくろう(定員:各回10名)
日時:10月2日(土)①10時~ ②14時~ 
講師:平戸 香菜 氏
参加費:1500円(税込み)


 ◇「中国青銅器の時代」「泉屋ビエンナーレ2021」スライド列品解説◇
予約受付開始:8月25日10時~(定員:40名)同館講堂にて
日時:9月19日(日)14時~15時
講師:山本 尭 氏(泉屋博古館学芸員)

★京都新聞での特集記事はコチラから読めます★
同時開催:企画展「木島櫻谷 四季の金屏風-京都画壇とともに-」のページはこちら

開催期間2021年9月11日(土)~2021年12月12日(日)
時間10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火)、10月25日(月)~11月5日(金)
会場 住友コレクション 泉屋博古館 青銅器館第4展示室
京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
ホームページhttps://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
料金一般800円、高大生600円、中学生以下無料
※障害者手帳ご提示の方は無料
※本展覧会の入場料で企画展もご覧いただけます
お問い合わせ泉屋博古館
電話:075-771-6411(代)
主催/後援など主催:泉屋博古館、住友グループ各社、京都新聞
後援:京都市、京都市教育委員会、京博連、(公社)京都市観光協会
備考※新型コロナウイルス感染症予防のため、予定を変更・中止する場合があります。同館HP、Twitter、Facebook等で最新情報をご確認ください。