アート・展示
滋賀ならでは!
終了まで8日

開催期間:2018年3月10日(土)~2018年6月3日(日)

猿楽と面―大和・近江 および 白山の周辺 から―

猿楽と面―大和・近江 および 白山の周辺 から―

「猿楽」とは、能と狂言で構成される現在の能楽の古称です。本展覧会は、平安時代後期、鎌倉時代の古面に始まり、南北朝から室町、安土桃山時代の大成期にわたる350面(うち重要文化財80面)の「面(おもて)」を通して、中世の人々が熱狂した「猿楽」の世界を、主に彫刻史の観点から、文化芸能史、文学史の側面もからめながら、ひもといていきます。(会期中展示替えあり)

「猿楽」の起源は、大陸から伝来した「散楽」に由来し、日本古来の芸能と融合しながら完成度の高い歌舞劇へと進化したとされています。田楽や猿楽など多くの座が競い合い、また影響しあう中で、室町時代初期に観阿弥、世阿弥によって大成された「能」「狂言」の様式は、日本を代表する芸能のひとつである「能楽」として、現在に受け継がれています。
本展覧会は、興福寺や春日大社などに猿楽を奉仕した大和四座の本拠地大和、世阿弥の『風姿花伝』や『申楽談義』に大和猿楽に並ぶ勢力として登場し、延暦寺や日吉大社などに猿楽を奉仕した近江、そして霊峰白山の参拝口である加賀馬場、越前馬場、美濃馬場の祭礼に使われた面などを幅広く展観します。

 

★2018年3月6日(火)付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はこちらからもご覧いただけます。



写真は上段左から、
旧金剛宗家伝来 翁 伝日光作〔重要文化財〕 室町時代 三井記念美術館蔵 展示:4/10~5/6
・追儺 安土桃山時代 1581年(天正9) 滋賀県・石山寺蔵 展示:5/8~6/3
〔重要文化財〕 室町時代 1430年(永享2)奈良県・天河神社蔵 展示:5/8~6/3
・同 裏面(部分)
三番叟 安土桃山時代 滋賀県・日吉大社蔵 展示:4/10~5/6
紅地花唐草入菱文唐織能装束〔重要文化財〕 安土桃山時代 滋賀県・[政所]八幡神社蔵 展示:4/10~5/6
般若 室町時代 1558年(永禄1) 兵庫県・篠山能楽資料館蔵 展示:4/10~5/6
近江女 江戸時代 1645年(正保2) 福岡県・福岡市博物館蔵 展示:4/10~5/6
・乙〔重要文化財〕 安土桃山時代 岐阜県・[関市]春日神社蔵 展示:5/8~6/3


【イベント情報】
能楽の実演とお話し「能楽ワークショップ」
講師:片山九郎右衛門(観世流能楽師)
◆日時:4月29日(日)午後2時~同3時半
◆会場:南レクチャーホール
◆定員:100人
※要予約(4/29ワークショップ希望・氏名・住所・電話番号・メールアドレス・参加人数を明記してinformation@miho.jpまでメール送付)
※参加無料(入館料要)

講演会「面のおもしろさ」
講師:伊東史朗(和歌山県立博物館館長、MIHO MUSEUM研究顧問、京都国立博物館名誉館員)
◆日時:4月22日(日)午後1時半~同3時
◆会場:南レクチャーホール
◆定員:100人
※予約不要(当日美術館棟受付にて整理券配布)
※参加無料(入館料要)

シンポジウム「猿楽と面の進展―各地に残る面から」
コーディネーター:高梨純次(公益財団法人秀明文化財団参事)
パネリスト:池田 淳(吉野歴史資料館館長)
      村上尚子(石川県立美術館 学芸専門員)
      南本有紀(岐阜県博物館 人文係 学芸員)
      戸田浩之(福井県立美術館 主任学芸員)
◆日時:5月13日(日)午後1時半~同3時半
◆会場:南レクチャーホール
◆定員:100人
※予約不要(当日美術館棟受付にて整理券配布)
※参加無料(入館料要)

ギャラリートーク「学芸員による特別展解説ツアー」
学芸員:桑原康郎(MIHO MUSEUM学芸員)
◆日時:3月24日(土)・4月28日(土)・5月19日(土) いずれも午後1時~同2時/6月2日(土)午後2時~同3時
※予約不要(当日美術館棟エントランス集合にて展示解説ツアー)
※参加無料(入館料要)

---------------------------------------------------------------
◇子ども向けプログラム「子どものアトリエ」
①「古代アッシリアのレリーフ」
◆日時:3月25日(日)・5月20日(日) いずれも午後1時半~同4時
◆小学生対象
◆定員:10人
②「ローマのモザイク」
◆日時:4月8日(日)午後1時半~同4時
◆小学生対象
◆定員:10人
※要予約(教育普及担当 電話 0748(82)8036)
※材料費:500円
※参加する子どもと引率者2人まで入館料無料
※定員になり次第締め切り
※「わくわくミュージアム」は詳細が決まり次第、ホームページで発表

◇春のコンサート「情熱のピアニスト 熊本マリ・リサイタル~スピリチュアルワインとともに~」
◆日時:5月19日(土)午後3時~同4時半
◆会場:南レクチャーホール
◆定員:100人
※要予約(広報担当 電話 0748(82)3411)
※参加費:一般 7,000円/MIHO MUSEUM友の会会員 6,000円
(料金には入館料、コンサート鑑賞、スピリチュアルワイン(グラス)を含むワンドリンク、消費税が含まれています)
※19日の本公演参加者は、翌20日開催の特別追加公演に無料でご招待。代理の方の参加も可能

開催期間2018年3月10日(土)~2018年6月3日(日)
時間午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
休館日月曜日休館 ※4/30は開館、5/1は休館
会場 MIHO MUSEUM
甲賀市信楽町田代桃谷300
ホームページhttp://miho.jp
料金一般1,100円、高大生800円、小中生300円
(20人以上の団体は各200円割引)
お問い合わせMIHO MUSEUM 0748(82)3411
主催/後援など主催:MIHO MUSEUM、京都新聞
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、BBCびわ湖放送、エフエム京都