• トップ
  • イベントを探す
  • 「京の冬の旅」特別プランⅠ「石をやく 土をやく 樂正臣 樂直入」貸切ナイトミュージアム&トークイベント「石と花」/  プランⅡ「樂雅臣さんのアートをめぐる京の旅」
アート・展示
終了まで16日

開催期間:2024年1月19日(金)~2024年3月9日(土)

「京の冬の旅」特別プランⅠ「石をやく 土をやく 樂正臣 樂直入」貸切ナイトミュージアム&トークイベント「石と花」/  プランⅡ「樂雅臣さんのアートをめぐる京の旅」

「京の冬の旅」特別プランⅠ「石をやく 土をやく 樂正臣 樂直入」貸切ナイトミュージアム&トークイベント「石と花」/  プランⅡ「樂雅臣さんのアートをめぐる京の旅」

京都デスティネーションキャンペーン 第58回「京の冬の旅」(※)のキャンペーンポスター出演者である樂雅臣氏は、京都の文化にゆかりの深い彫刻家です。
京都を来訪してくださる皆様へ、彫刻家・樂雅臣氏の魅力と京都の魅力を同時にお伝えするイベントです。

本年度は、2つの「特別プラン」をご用意して皆さまのご参加をお待ちしております。たくさんの方に、ご参加いただければ幸いです。

※京都デスティネーションキャンペーン 第58回「京の冬の旅」
京都市および公益社団法人 京都市観光協会では、2024年1月から3月にかけて、JRグループ6社と連携したデスティネーションキャンペーンとして、「京の冬の旅」を実施します。
第58回目を迎える今回は、「紫式部と源氏物語」、「辰年のご利益 京の龍めぐり」をテーマに、来年の大河ドラマ「光る君へ」の主人公・紫式部と王朝文学の金字塔『源氏物語』にちなんだ物語ゆかりの地や、令和6年の干支「辰」にちなんで、新年早々縁起の良い瑞獣「龍」に会える寺院を中心に、15件の非公開文化財を特別公開します。
事前予約により京都ならではの歴史や文化を深く堪能いただける特別な体験プランなど、多彩な企画をご用意しております。
キャンペーン期間中、JRグループの主な駅・車内ポスターには、有職料理萬亀楼11代目若主人・生間流式庖丁31代目次期継承者の小西雄大氏、彫刻家の樂雅臣氏にご出演いただき、京の文化の魅力をご紹介します。
イベントガイドブックを片手に、便利な公共交通機関で「京の冬の旅」をお楽しみください。


受付終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。
申込受付中!『特別プランⅡ』をご覧ください。

 

「樂雅臣さんのアートをめぐるの旅」

樂雅臣氏ご本人の解説による作品鑑賞と、京都・東山のホテルにて特別ランチ付のプランです。
2024年3月9日(土)

『ZENBI-鍵善良房-KAGIZEN ART MUSEUM』を貸し切り、樂雅臣氏ご本人の解説による作品鑑賞。
その後、貸切タクシーで『ザ・ホテル青龍 京都清水』へ。
ホテル敷地内に展示されている樂雅臣氏の作品鑑賞と、ホテル館内をめぐるツアーをお楽しみいただいたあと、
総料理長自慢の当プラン限定の特別ランチをお召し上がりいただきます。
当プランでは、お食事の後はテラスにて、東山からの京都の風景をお楽しみいただけます。

 

<基本情報>
■開催日   :2024年3月9日(土)
■集合時間  :9時25分
■集合場所  :ZENBI-鍵善良房-KAGIZEN ART MUSEUM
        〒605-0074 京都市東山区祇園町南側570-107 電話:075-561-2875
        https://zenbi.kagizen.com  ※以下地図をご参照ください。
■料金    :15,000円 (税込・お土産付)
        ※料金には、行程に明示したギャラリートーク、作品鑑賞、チャーター便、
         ホテル館内ツアー、特別ランチが含まれます。
■行程    :09:15~09:25 受付
        09:30~10:30 樂雅臣氏によるギャラリートーク(40分)と作品鑑賞
        10:30~11:00 観覧またはmuseum shop Zplusにてお買い物
        11:00~11:15 チャーター便にて移動
        11:20~11:50 ザ・ホテル青龍 京都清水にて作品鑑賞とホテル館内ツアー(30分)
        12:00~13:20 プラン限定特別ランチ
        13:30     解散

        ※記載の時刻は予定時刻です。急遽時間変更となる場合がございます。予めご了承ください。
■定員    :20人 (最小催行人数:10人)
        ※予定人員に達し次第、受付期間中であっても販売終了となります。
■お問い合わせ:京都新聞文化センター 電話:075-213-8141
■お申し込み :【旅行企画・実施】京都新聞旅行センター 電話:075-256-2233
        京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞ビル南館6階 観光庁長官登録旅行業第1994号
■その他 〇添乗員は同行しません。(現地係員がお世話いたします。)
     〇詳しい旅行条件を説明した書面を用意していますので、事前にご確認のうえ、お申し込みください。
     〇お申し込みは18歳以上の方となります。17歳以下の方はお申し込みいただけません。


 ===内容===
〇「ZENBI-鍵善良房-KAGIZEN ART MUSEUM」を貸し切り、       
開催中の『企画展「光の器」樂雅臣彫刻展』のご本人の解説による作品鑑賞
〇「ザ・ホテル青龍 京都清水」に展示されている樂雅臣氏の作品鑑賞と館内ツアー
総料理長自慢のプラン限定特別ランチをいただく            

===申込===
下記URLまたはQRコードよりお申込み

https://kyoto-pd.co.jp/products/detail.php?product_id=3596

 

===集合場所===

 

===樂雅臣さんのご紹介===

1983年京都生まれ。東京造形大学院美術研究領域造形研究科修了、2018年京都市芸術新人賞受賞。
主な個展に美術館「えき」KYOTO、石川県立美術館での「彫刻家 樂雅臣展」(2017)、
賀茂別雷神社での「樂雅臣個展」(2015)・6回目の個展「石器 石から器を」(2023)など。
ヴェネチア・ビエンナーレにあわせ開催されるPalazzo Fortunyでの特別展「PROPORTIO」(2015)・「INTUITION」(2017)にノミネートされ出品するなど、海外でも広く活躍する。
作品はKagizen ZEN CAFÉ、ザ・ホテル青龍 京都清水、
ザ・リッツ・カールトン京都、パーク ハイアット 京都(以上、京都)他に収蔵されている。

 


 


受付は終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。



石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入
貸切イトミュージア&トークイベント「石と花」
2024年1月19日(金)

出演:樂雅臣氏・池坊専宗氏・井村一登氏

58回「京の冬の旅」キャンペーンポスター出演者より冬の京都の魅力を発信!
「京の冬の旅」特別企画。「石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入」展の関連イベントとして、
閉館後の美術館「えき」KYOTOを貸し切った静寂の中、
彫刻家の樂雅臣氏と、華道家・写真家の池坊専宗氏、アーティストの井村一登氏より、

雅臣氏の「石」、専宗氏の「花」、一登氏の「鉱物」をテーマに自然をいかした表現について語っていただきます。
京都で活躍する3人のトークをお楽しみください。

 

 === 日時 ===
2024年1月19日(金)
20:00~20:50(受付は19:45から)

 === 会場 ===
美術館「えき」KYOTO
JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

===参加費===
5,000円
(税込・入館料込・お土産付)

===定員===
定員:15人
(定員を超えた場合は抽選になります)
※当選者には招待状をメールで発送いたします。

 ===内容===
「石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入」作品鑑賞(ご参加のお客様限定の貸切)
3人によるトークイベント
出演:樂雅臣さん、池坊専宗さん、井村一登さん


 

―出演者のご紹介―

■樂 雅臣さん
<プロフィール>
1983年、樂家15代直入の次男として生まれる。2008年東京造形大学院美術研究領域造形研究科修了。石を彫刻することで人工物として支配する事なく、自然をいかし、造形と共存した作品を表現する。これを「石の中に表現を、表現と共に自然を」という自身の言葉に込め制作する。主な個展に美術館「えき」KYOTO、石川県立美術館での「彫刻家 樂雅臣展」(2017)、京都の賀茂別雷神社「樂雅臣個展」(2015)・「石器 石から器を」(2023)など。ヴェネチア・ビエンナーレにあわせ開催されるPalazzo Fortunyでの特別展「PROPORTIO」(2015)・「INTUITION」(2017)にノミネートされ出品。海外でも広く活躍する。2018年京都市芸術新人賞受賞。

■池坊専宗さん
<プロフィール>
華道家・写真家
1992年、華道家元池坊 次期家元池坊専好の長男として京都に生まれる。慶應大学理工学部入学後、東京大学法学部入学。東京大学卒業時に成績優秀として「卓越」受賞。池坊青年部代表を務める。日本橋三越本店・京都髙島屋などでいけばなを多数出瓶し、並行して祈りの展示「MOVING」をJR京都伊勢丹で行う。自分の生けた花を撮影し写真としても表現。京都現代写真作家展新鋭賞受賞。東京国立博物館アンバサダー。講座「いけばなの補助線」や文筆、デモンストレーションなど様々な形で花を生ける意味を伝え続けている。信条は「光を感じ、草木の命をまなざすこと」
京都新聞「現代のことば」「25ans」「ざ・いけのぼう」にて連載、ラジオ日本「池坊専宗の団子より花」とJFN「FUTURES 池坊専宗 3.0」のパーソナリティを務める。「あさイチ」「ゴゴスマ -GOGO!Smile!-」等に出演。曲水の宴での作詩や対談など、他多数

■井村一登さん
<プロフィール>
1990年京都市生まれ。2017年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。
光学機器や映らない鏡、魔鏡、黒曜石、回転液体鏡など、素材や技法を横断した制作を行っている。現代の科学から神話や祭祀など考古学的観点まで遡り、人と鏡の関係性の変遷を追う。
NONIO ART WAVE AWARD 2021 審査員特別賞 名和晃平賞
主な展覧会に、『井村一登 展 「mirrorrim」』(日本橋三越本店コンテンポラリーギャラリー、東京/2021)、『Sense Island -感覚の島-暗闇の美術島 2021』(猿島、神奈川/2022)、『マツモト建築芸術祭』(長野/2022、2023)

 

 


<展覧会情報>
(2024年1月~3月開催分)

〇石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入
会場:美術館「えき」KYOTO
会期:2024 年1月2日(金)~1月29 日(月)
開館時間:10:00 ~19:30

〇「光の器」樂雅臣彫刻展 
会場:ZENBI-鍵善良房- KAGIZEN ART MUSEUM
会期:2024年1月6日(土)~4月7日(日)

〇「CUBE」樂雅臣彫刻展
会場: イムラアートギャラリー
会期: 2024年1月16日(火)~2月24日(土)

 

 

開催期間2024年1月19日(金)~2024年3月9日(土)
お問い合わせ京都新聞COM 事業推進局 075-255-9757(平日10時~17時)