アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
参加型・体験型
終了まで90日

開催期間:2017年3月4日(土)~2017年6月25日(日)

春期特別展 茶碗の結ぶ「縁」

春期特別展 茶碗の結ぶ「縁」

千家と樂家で今日まで続く「縁」は、千利休と樂家初代・長次郎との出会いから始まりました。また、その後の本阿弥光悦との出会いも、徳川将軍家や前田家などの有力大名と縁をつなげ、引き合わせるなど大きな意味を持ちました。本展では当代吉左衞門の友人・萩焼十五代坂倉新兵衛氏の作品を展示するなど、樂家とさまざまな「縁」のある作品を紹介します。



写真は 初代長次郎作 黒樂茶碗 銘 まきわら

【主な出品作品(予定)】
○表千家6代覚々斎 不二之絵赤樂茶碗 流芳五十之内
○初代長次郎 黒樂茶碗 銘 まきわら
○本阿弥光悦 飴(食偏に台)釉茶碗 銘 立峯 追銘 五月雨
○3代道入 葵御紋茶入
○14代覚入 翁面
○15代吉左衞門 萩茶碗
○15代坂倉新兵衛 黒樂茶碗


【関連事業】
☆手にふれる樂茶碗鑑賞会
 小間席の雰囲気をお楽しみいただいた後、樂歴代の作品を手にとって鑑賞していただきます。
 開催日=3月11日(土)、4月1日(土)、5月20日(土)、6月17日(土) ※開催日2ヶ月前より電話にて予約受付開始

☆特別鑑賞茶会
 同館所蔵作品を使ってのお茶会です。席主は15代樂吉左衞門。
 茶室では当日使用のお道具について、対話がはずみます。
 開催日=3月20日(月・祝)、5月14日(日)、6月11日(日) ※開催日1ヶ月前より電話にて予約受付開始

☆親子でお茶一服
中学生以下のお子様と保護者が対象です。樂茶碗を使い、席主樂扶二子(15代吉左衞門夫人)が、樂焼についてやさしくお話しいたします。 開催日=3月5日(日)、5月5日(金・祝) ※電話にて予約受付中

開催期間2017年3月4日(土)~2017年6月25日(日)
時間午前10時~午後4時30分 ※入館は閉館30分前まで
休館日月曜日(祝日は開館)
会場 樂美術館
京都市上京区油小路通一条下る
ホームページhttp://www.raku-yaki.or.jp/
料金大人1000円、大学生800円、高校生400円、中学生以下無料
お問い合わせ樂美術館 電話:075-414-0304
主催/後援など主催:樂美術館、京都新聞
後援:京都府、京都市、NHK京都放送局