• トップ
  • イベントを探す
  • 秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂 ―樂美術館版 エルミタージュ、プーシキン美術館帰国展―
アート・展示
京都ならでは!
開催まで7日

開催期間:2017年9月30日(土)~2017年12月24日(日)

秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂 ―樂美術館版 エルミタージュ、プーシキン美術館帰国展―

秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂 ―樂美術館版 エルミタージュ、プーシキン美術館帰国展―

2015年にロシアのエルミタージュ美術館、プーシキン美術館で開催され大好評を博した「樂―茶碗の中の宇宙」展。プーシキン美術館では子どもたちによる茶碗を作るワークショップや、樂茶碗を描くワークショップなど関連イベントも充実したものでした。
昨冬から今春にかけて京都国立近代美術館、東京国立近代美術館にて「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」がロシアでの帰国展として開催されましたが、本展は“樂美術館版帰国展”として、ロシアの人々との交流にも焦点を当てた展示となります。
ロシアを旅した樂焼の名品と共に、ロシアの子どもたちが描いた樂茶碗の絵や15代吉左衞門と子どもたちが制作した黒茶碗なども紹介します。

写真は、初代長次郎作 黒樂茶碗 万代屋黒

☆★☆特別企画☆★☆
15代樂吉左衞門 ギャラリートーク
 開催日
 10月6日(金)、10月13日(金)、10月20日(金)、11月10日(金)、
 11月17日(金)、12月1日(金)
 ※10月1日(日)より電話にて予約受付開始
 

【関連イベント】
☆手にふれる樂茶碗鑑賞会
 小間席の雰囲気をお楽しみいただいた後、樂歴代の作品を手にとって鑑賞していただきます。
 開催日=10月7日(土)、11月4日(土)、12月2日(土)
 ※開催日2ヶ月前より電話にて予約受付開始

☆特別鑑賞茶会
 同館所蔵作品を使ってのお茶会です。席主は15代樂吉左衞門。
 茶室では当日使用のお道具について、対話がはずみます。
 開催日=10月22日(日)、12月3日(日)
※開催日1ヶ月前より電話にて予約受付開始

開催期間2017年9月30日(土)~2017年12月24日(日)
時間午前10時~午後4時半(入館は午後4時まで)
休館日月曜休館(祝日は開館)
会場 公益財団法人 樂美術館
京都市上京区油小路通一条下る
ホームページhttp://www.raku-yaki.or.jp/
料金一般1,000円、大学生800円、高校生400円、中学生以下無料
お問い合わせ樂美術館 電話:075-414-0304
主催/後援など主催:公益財団法人 樂美術館、京都新聞
後援、協力:京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、NHK京都放送局、在日ロシア連邦大使館、国立プーシキン美術館、国際交流基金モスクワ日本文化センター