アート・展示
京都ならでは!
終了まで11日

開催期間:2020年5月23日(土)~2020年7月13日(月)

いちからわかる円山応挙と長沢芦雪

いちからわかる円山応挙と長沢芦雪

 18世紀の京都には、近年特に人気の高い伊藤若冲(1716-1800)をはじめ、多くの画家が活躍しました。
 その中で、円山応挙(1733-1795)は、現在の京都府亀岡市で生まれ、狩野派の流れをくむ鶴澤派の画家・石田幽汀(1721-86)に入門し、狩野派の基礎を学んだ後、滋賀県大津市にある円満院門跡の祐常門主の支援を得て、「写生」を重視した絵画に取り組み人気を得ます。さらに、「写生」を基本としながらも、現実には存在しない龍や、見たこともない中国の風景や人物などを描くことに挑戦しました。
 応挙の弟子である長沢芦雪(1754-99)は、応挙とは違う独自の作風を追求し、本物よりも大きなサイズで虎を描いた「虎図襖」(和歌山・無量寺)や、3cm四方の紙にたくさんの羅漢を描いた「五百羅漢図」など、ユニークな作品を数多く残しています。本展では、円山応挙と長沢芦雪の作品を展示し、ふたりの画風の変化や、同じ題材を描いた作品なども比較して、ふたりの画家の魅力に迫ります。

左:円山応挙「仔犬図」個人蔵、右:長沢芦雪「梅花双狗図」個人蔵

左:円山応挙「双鶴図」個人蔵、右:長沢芦雪「牡丹孔雀図」個人蔵

★関連イベント★

①リレー講座「朝から一日、江戸絵画」
日時:4月25日(土)午前10時30分~午後4時30分
講師:岡田秀之氏(同館学芸課長)ほか
料金:無料※入館料のみ

②講演会「近代の嵯峨嵐山と小倉百人一首」
日時:5月16日(土)午後2時~3時
講師:吉海直人氏(同志社女子大学教授)
料金:無料※入館料のみ

③BOX&NEEDLEによる「クラフトご朱印張ワークショップ」
日時:5月30日(土)午前の部/午前11時~正午、午後の部/午後3時~4時
参加費:2,200円

④鉛筆デッサン「いちから学ぶ写生講座」
日時:6月13日(土)午後2時~3時30分
講師:森本玄氏(画家・京都芸術大学教授)
参加費:500円

 

 

開催期間2020年5月23日(土)~2020年7月13日(月)
時間午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日火曜日
※5月5日・6日は開館、5月7日休館
会場 嵯峨嵐山文華館
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
ホームページhttps://www.samac.jp/
料金一般・大学生 900(800)円
高校生 500(400)円
小中学生 300(250)円
※()内は団体料金
※障がい者と介添人各1名まで500(400)円
※幼児無料
※常設展「百人一首ヒストリー」もご覧いただけます
お問い合わせ075-882-1111
主催/後援など主催:嵯峨嵐山文華館、京都新聞
後援:京都府、京都市教育委員会、京都商工会議所
備考※展示替えなし