アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
京都ならでは!
開催まで3日

開催期間:2021年10月23日(土)~2022年1月10日(月)

木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」~

木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」~

木島櫻谷(このしま・おうこく)は近代の京都画壇を代表する巨匠です。

近年再評価が進み、人気を博しつつある櫻谷芸術の全貌を通覧できる展覧会が福田美術館・嵯峨嵐山文華館の二館合同で開催されます。

木島櫻谷とは…
明治10年(1877)に京都三条室町に生まれた近代京都画壇を代表する巨匠です。
精緻な花鳥画で当時人気画家であった今尾景年に16歳から師事し、その師風を受け継ぎつつ、動物画、人物画や歴史画までも究めてみせました。
その結果、明治40年に始まった文部省美術展覧会(文展)では6年連続で上位入賞を果たし、その後審査員を務めるようにもなりました。
そして37歳で京都郊外に位置する衣笠に隠棲します。


本展では初公開作品52点を含む合計100点以上もの作品を展示します。


《第1会場》福田美術館

文展の出品作《駅路之春》や約110年ぶりの公開となる《細雨・落葉》、京都市美術館所蔵の《和楽》など、大型屏風作品を含む57点を展示。櫻谷を一躍有名にした動物画をはじめ、人物、山水など多岐にわたる作品を通じ、画家としての足跡をたどります。


木島櫻谷《駅路之春》左隻・通期


木島櫻谷《細雨・落葉》右隻・前期 ※後期は嵯峨嵐山文華館にて展示


木島櫻谷《和楽》左隻(京都市美術館蔵)・後期


木島櫻谷《獅子》・後期


《第2会場》嵯峨嵐山文華館

旧邸や遺品を管理する公益財団法人櫻谷文庫の協力をもとに、櫻谷の作品や遺品を展覧します。併せて櫻谷に続いて衣笠を活動の拠点とした菊池芳文、菊池契月、堂本印象、福田平八郎らの作品もご紹介。
「おうこくさん」の人となりが偲ばれる展示室をご覧いただけます。


菊池契月《浦島》(三幅のうち中央)・前期


村上華岳《墨絵牡丹図》・前期
 

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻

 

開催期間2021年10月23日(土)~2022年1月10日(月)
時間午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日火曜日(11月23日は開館)、11月24日(水)、年末年始(12月30日~2022年1月1日)
会場 【第一会場】福田美術館【第二会場】嵯峨嵐山文華館
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
料金■福田美術館:一般・大学生1,300(1,200)円、高校生700(600)円、小中学生400(300)円、障害者と介添人1名まで700(600)円
■嵯峨嵐山文華館:一般・大学生900(800)円、高校生500(400)円、小中学生300(250)円、障害者と介添人1名まで500(400)円
※()内は、20名以上の団体料金
■二館共通券:一般・大学生2,000円、高校生1,000円、小中学生550円、障害者と介添人1名まで1,000円
お問い合わせ福田美術館:075-863-0606
嵯峨嵐山文華館:075-882-1111
主催/後援など主催:福田美術館、嵯峨嵐山文華館、京都新聞
後援:京都府、京都市教育委員会、京都商工会議所
備考前期:10/23(土)~11/29(月)
後期:12/1(水)~2022年1/10(月・祝)
会期中展示替えがあります