アート・展示
京都ならでは!
滋賀ならでは!
終了まで27日

開催期間:2018年12月15日(土)~2019年1月12日(土)

改組 新 第5回 日展 京都展

改組 新 第5回 日展 京都展

明治40年に第1回文部省美術展覧会(略して文展)を礎とし、「帝展」「新文展」「日展」と名称を変えつつ、常に日本の美術界をリードし続けてきた日展は今年110年を迎えます。日本画と西洋画、彫刻の3部制で始まりましたが、昭和2年に工芸美術が加わり、昭和23年に書が参加しました。現在では、各部門において日本の美術界を代表する巨匠から、第一線で意欲的に活躍している中堅、新人を多数擁して世界にも類のない一大総合美術展として、全国の多くの美術ファンが関心を集めています。

日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5部門にわたって、全国巡回の基本作品と京都・滋賀の地元関係作品の計約510点をご覧いただけます。
陳列作品はいずれも高い水準を示すものであり、現代の日本美術を理解するのに格好の展覧会と言えるでしょう。

◎会期中、多数の催し物をご用意しています。
 ※都合により急遽作家が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

◆◆◆ ギャラリートーク ◆◆◆
展覧会場で各部門出品作家が解説を行います。
入場券をご用意のうえ、当日直接会場へご来場ください。


12月16日(日)
  11:00~12:00 書   (杭迫 柏樹,竹内 勢雲,吉見 靖子)
  13:00~14:00 工芸美術(春日井 路子,河合 徳夫,村田 好謙)
  14:15~15:15 日本画 (上田 勝也,川島 睦郎,松崎 良太)

12月22日(土)
  11:00~12:00 洋画  (池田 良則)
  13:00~14:00 日本画 (渡辺 信喜,市原 義之,中村 文子)

12月23日(日)
  11:00~12:00 彫刻  (宇治川 久司,竹谷 邦夫,伊庭 靖二,吉居 寛子)

12月24日(月・振休)
  11:00~12:00 書   (真神 巍堂,日比野 実)

1月3日(木)
  11:00~12:00 日本画 (岡村 倫行,丹羽 貴子,桑野 むつ子)

1月4日(金)
  11:00~12:00 工芸美術(河野 榮一,谷野 吉冬,小林 祥晃,安田 佳代)
  13:00~14:00 彫刻  (江里 敏明,小野 啓亘,伊庭 照実)
  14:15~15:15 洋画  (阪脇 郁子)

1月5日(土)
  11:00~12:00 日本画 (渡辺 信喜,河村 源三,松崎 良太)

1月6日(日)
  11:00~12:00 洋画  (中村 龍介)
  13:00~14:00 日本画 (山﨑 隆夫,由里本 出,中村 文子)

1月8日(火)
  11:00~12:00 彫刻  (木代 喜司,嶋畑 貢,紺谷 武)
  14:15~15:15 工芸美術(井隼 慶人,吉水 絹代,桑原 紀子,伯耆 正一)

     
1月9日(水)
11:00~12:00 書   (山本 悠雲,中路 佳保里)
13:00~14:00 洋画  (児玉 健二)
14:15~15:15 彫刻  (宮瀬 富之,笹山 幸德,谷口 淳一,三上 健治)

1月10日(木)
11:00~12:00 工芸美術(叶 道夫,横山 喜八郎,内藤 英治,小林 英夫)

1月11日(金)
11:00~12:00 書   (原田 玉童,佐々木 宏遠,木村 通子)
13:00~14:00 日本画 (山﨑 隆夫,上田 勝也,桑野 むつ子)




=写真は、「何処へ」山﨑 隆夫(日本画)=

 

◆◆◆ ワークショップ(制作体験)◆◆◆
 出品作家が講師をつとめるワークショップを開催します。
  ※申込制(小学3年生以下は保護者同伴)
  ※会場=みやこめっせ(地下1階)工芸実技室

 
   12月23日(日・祝)
 14:00~16:30 彫刻 (宇治川 久司,竹谷 邦夫,伊庭 靖二)
 「大理石でペーパーウエイト制作」
  ※定員10名/高校生以上/1000円

 12月24日(月・振休)
 13:30~15:30 工芸美術(向井 弘子)
 「すず板を使って豆皿を作ろう」
  ※定員15名/小学生以上/500円

 12月26日(水)
 13:30~16:00 日本画 (片山 侑胤,長谷川 雅也,辻野 宗一)
 「美しく日本画を描こう」
  ※定員25名/小学生以上/無料

 1月5日(土)
 14:00~16:00 洋画 (池田 良則)
  A:モデルさんを描こう
    ※定員15名/中学生以上/無料
  B:自画像を描こう
    ※定員15名/概ね5歳以上/無料

 1月6日(日)
 13:30~15:00 書 (尾西 正成,万殿 紳水,中村 史朗,西村 大輔)
 「帖作品をつくる」 ― 色紙形に好きなことばを書く ―
      ※定員20名/どなたでも/1000円




◆◆◆ 視覚障害者のための「手で触れる日展」◆◆◆
 日展京都展の彫刻作品の一部を手で触れて鑑賞していただけます。


 12月16日(日)
 13:30~16:00 講師 (木代 喜司,谷口 淳一)

 ※問い合わせ・申込み
      京都府視覚障害者協会文化部「手で触れる日展鑑賞会」係 電話075(462)2414

 

 

◆◆◆ 京都ミュージアムズ・フォー連携講座 ◆◆◆
 日展京都展にちなんで京都市美術館学芸員が講演します。

 
 1月3日(木)
 14:00~15:30 「明治から平成まで 京都を彩った日展111年の名作・話題作」

 講   師=吉中 充代(京都市美術館学芸課課長補佐)
 会   場=みやこめっせ(地下1階)大会議室
 定   員=100名
 申込み方法=当日先着順(当日13:30に開室します)

開催期間2018年12月15日(土)~2019年1月12日(土)
時間午前9時~午後5時 ※入館は閉館30分前まで。初日のみ午前10時開会式終了後開館
休館日12月17日(月)および12月28日(金)~1月2日(水)、1月7日(月)
会場 京都市美術館別館、みやこめっせ、日図デザイン博物館
京都市左京区岡﨑公園内
ホームページhttp://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/
料金一般1,000円(800円)、高大生600円(500円)
※かっこ内は前売りおよび20名以上の団体料金
※中学生以下、京都府下および滋賀県下に在住または通勤・通学の平成30年3月末で18歳以下の方、京都市内在住の満70歳以上の方(京都市敬老乗車証等で確認)、障害者手帳等を提示の方は無料
お問い合わせ京都市美術館 電話075-771-4107
主催/後援など主催:改組新第5回日展京都展実行委員会(京都市・京都新聞)
後援:京都市教育委員会、京都商工会議所、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都