アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
滋賀ならでは!
終了まで55日

開催期間:2021年3月13日(土)~2021年6月13日(日)

特別展「MIHO MUSEUMの現代美術」

特別展「MIHO MUSEUMの現代美術」

MIHO MUSEUMでは、これまでほとんど公開されたことがなかったMIHO MUSEUMの創立者小山美秀子が収集した現代美術コレクションを一堂に展覧する特別展が3月13日(土)より開幕されます!

明治から大正時代にかけて新たな日本美術を創ろうとした白山松哉、雑誌「白樺」に集った岸田劉生やバーナード・リーチ、奈良東大寺のアトリエで創作に励んだ須田剋太や杉本健吉、柳宗悦が提唱した民藝運動を共に展開した芹沢銈介、河井寬次郎など、日本美術を代表する作家達の作品や、建築家ミノル・ヤマサキ、I.M.ペイ、初代館長梅原猛の作品など、未公開作品約60点含む約70点を公開します。

春満開のMIHO MUSEUMをお楽しみください。

入館には事前予約が必要です。
詳細は、MIHO MUSEUMホームページまで。

展示構成
第1章 新しい日本美術を創ろうとした人々
第2章 奈良の二人
第3章 芹沢銈介と民芸運動の仲間たち
第4章 神苑を造った人々
第5章 初代館長・梅原猛

主な展示作品

「童女図」 岸田劉生


「扇面散屏風」(右隻) 杉本健


「春夏秋冬文二曲屏風」 芹沢銈介


「オヒナサマ」 棟方志功


「蔦金輪寺」 黒田辰秋


「空」 梅原猛(書)、三浦景生(画)

開催期間2021年3月13日(土)~2021年6月13日(日)
時間午前10時~午後4時(入館は午後3時まで)
休館日月曜日
※5/3は開館、5/6は休館
会場 MIHO MUSEUM
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
ホームページhttp://www.miho.jp
料金一般1,300円、高・大生1,000円、中学生以下無料
お問い合わせ0748-82-3411
主催/後援など主催:MIHO MUSEUM、京都新聞
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、エフエム京都、帝産湖南交通
備考入館は事前予約制です。
MIHO MUSEUMホームページをご確認ください。