アート・展示
京都ならでは!
終了まで17日

開催期間:2018年4月14日(土)~2018年5月13日(日)

KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2018「ジャン=ポール・グード So Far So Goude」

KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2018「ジャン=ポール・グード So Far So Goude」

今回で6回目の開催となる、日本でも数少ない国際的なフォト・フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。15あるメインプログラムのうちのひとつ、「ジャン=ポール・グード So Far So Goude」を紹介します。

内容
写真家、グラフィックデザイナー、アートディレクター、映像監督など多岐にわたり活躍するジャン=ポール・グード。
広告業界やファッション業界のアートワークを刷新しつづけるアーティストによる写真作品や壮大なインスタレーションを展示。
パリ装飾美術館でも披露されたグード自身の振り付けによるダンスパフォーマンスも連日会場で再現します。
本格的な個展は国内初。この貴重な機会をお見逃しなく。


★2018年4月13日(金)付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます。


ジャン・ポール・グード「加工/アップデートされたグレース」、ペインテッドフォト、ニューヨーク、1978年 © Jean-Paul Goude

関連イベント
ジャン=ポール・グードによる展示ツアー
日時 4月14日(土)12:00~13:00
場所 京都文化博物館 別館
参加 無料
※お申込み、詳細はKYOTOGRAPHIE HPまで→https://www.kyotographie.jp/

KYOTOGRAPHIEについて
 2013年以来毎年春に京都で開催され、回を重ねるごとに好評を博し、これまでに約38万人の来場者を迎えました。
今回も15のメインプログラムのほか関連プログラム、イベントも多数開催されます。
詳細はコチラ

そのほかプログラムのご案内
メインプログラム
ローレン・グリーンフィールド GENERATION WEALTH」(京都新聞ビル印刷工場跡(B1F))
 関連プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI」(美術館「えき」KYOTO)
永遠の少年、ラルティーグ―写真は魔法だ!―」(細見美術館)
 立命館大学国際平和ミュージアム2018年度春季特別展「ヤズディの祈り―林典子写真展― 」(立命館大学国際平和ミュージアム)

開催期間2018年4月14日(土)~2018年5月13日(日)
時間10時~19時
休館日月曜日(だたし4月30日は開館)
会場 京都文化博物館 別館
京都市中京区三条高倉
ホームページhttps://www.kyotographie.jp/
料金一般1200円 学生(大学・高校・専門生)1000円 ※中学生以下無料
お問い合わせKYOTOGRAPHIE事務局 電話:075-708-7108
主催/後援など主催:一般社団法人KYOTOGRAPHIE 共催:京都市、京都市教育委員会、京都新聞
備考KYOTOGRAPHIEその他のプログラム、およびパスポートについては、公式HPをご確認ください。