アート・展示
女性におすすめ
京都ならでは!
終了まで17日

開催期間:2018年4月14日(土)~2018年5月13日(日)

蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI

蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI

写真家・蜷川実花が京都と花街の魅力を華麗に撮り下ろす!
京都は、建都1200年以上の歴史を持つ日本文化の中心でありながら、同時に時代の先端を行くアートや研究が生まれる特別な場所であり続けています。

京都の五花街(祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東)は、それぞれの伝統文化、伎芸を大切に守り、女性たちの手によって、未来へとつなげてきました。

本展は、現代日本を代表する写真家・蜷川実花が京都の芸妓や舞妓を2年以上の歳月をかけて撮り下ろした作品の数々を展示し、「京の幻想四季絵巻」へといざないます。

※作家都合により、出展作品に変更がございます。予めご了承ください。


京都の伝統的な美学の粋が蓄積された”花街”
五花街それぞれから選び抜いた芸妓・舞妓15名のイメージにあわせ、特別なセットを一人ずつ作成し、蜷川氏ならではの感性で丁寧に撮り下ろし!

祇園甲部】 紗矢佳(芸妓)、実佳子(舞妓)、佳つ扇(舞妓
宮 川 町】 とし真菜(芸妓) 、とし夏菜(芸妓)、とし純(舞妓
先 斗 町】 市さよ(芸妓)、市彩(舞妓)、市結(舞妓
上 七 軒】 梅葉(芸妓)、市こま(舞妓)、尚あい(舞妓
祇 園 東】 つね有(芸妓)、つね桃(芸妓)、雛佑(舞妓


四季折々の美しい京都の”景色”


蜷川実花 NINAGAWA MIKA
写真家・映画監督
★東京生まれ。木村伊兵衛写真賞など数々受賞。また映像作品も多く手がけ、初監督映画『さくらん』(2007年公開)は、第57回ベルリン国際映画祭及び第31回香港国際映画祭の正式出品特別招待作品となるなど、国内外で評価を得た。2作目となる映画『ヘルタースケルター』(2012年公開)は22億円の興行収入を記録し、新藤兼人賞を受賞。2016年、台北、廈門、2017年には北京、上海でも大規模な個展を開催し、好評を博した。2018年6月からは、大型美術館巡回写真展が全国で開催される。
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
 


★2018年4月12日(木)付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます。

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018 公式HPはコチラ

京都新聞アート&イベント情報サイト[ことしるべ]の紹介
メインプログラム
 京都文化博物館 別館 ジャン=ポール・グード SO FAR SO Goude
 京都新聞ビル印刷工場跡(B1F) ローレン・グリーンフィールド GENERATION WEALTH
関連プログラム
 細見美術館 永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―
 立命館大学国際平和ミュージアム2018年度春季特別展「ヤズディの祈り―林典子写真展―

開催期間2018年4月14日(土)~2018年5月13日(日)
時間午前10時~午後8時(※入場は閉場30分前まで)
休館日会期中無休
会場 美術館「えき」KYOTO(JR京都駅すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ホームページhttp://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1804.html
料金一般900(700)円、高・大学生700(500)円、小・中学生500(300)円
( )内は前売、当日「KYOTOGRAPHIEパスポート」をご提示のご本人さま、および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。
お問い合わせジェイアール京都伊勢丹 075-352-1111(大代表)
主催/後援など主  催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
後  援:京都市、京都商工会議所
特別協力:MBS、アミューズ
協  力:公益財団法人 京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭、学校法人 瓜生山学園 京都造形芸術大学、東京リスマチック株式会社、光村推古書院株式会社、有限会社ラッキースター、小山登美夫ギャラリー
企画・プロデュース:後藤繁雄+G/P gallery