アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
夜間イベントあり
京都ならでは!
終了まで5日

開催期間:2021年9月11日(土)~2021年10月24日(日)

企画展「木島櫻谷 四季の金屏風—京都画壇とともに-」

企画展「木島櫻谷 四季の金屏風—京都画壇とともに-」

木島櫻谷(このしまおうこく/1877-1938)は明治から昭和にかけて京都画壇の重鎮と目された人物です。
柳に桜、燕子花、菊、梅がそれぞれ描かれた四双の金屏風は、大正時代、大阪茶臼山に新築された住友家本邸のために依頼され、櫻谷によって制作されました。
本作は古典を踏まえつつも、終生重んじた写生の技に加え、優れたデザイン感覚を発揮し、展覧会出展作品とは少し趣が異なります。それは京都のアート・ビジネスの中心地で育ち、座敷と美術の黄金比を熟知した櫻谷のもう一つの本領といえます。四季の花々が咲きほこる連作が一挙に展示されるまたとない機会を、お見逃しなく。

光ふりそそぐ 四季の庭へ

くらしやもてなしの空間における屏風の美。
京町家に育った櫻谷のもう一つの本領。

清浄な空気に包まれる特別な時をお過ごしください。



木島櫻谷《柳桜図》大正6年


木島櫻谷《燕子花図》大正6年


木島櫻谷《菊花図》大正6年


木島櫻谷《雪中梅花》大正7年

 

あわせて住友コレクションより櫻谷と京都の先人の絵画、そして令和3年に新たに寄贈された作品も展示します。

みなぎる深山の冷気。
写生の大切さを櫻谷に説いた師。

今尾景年《深山瀑布図》明治時代

「写生画」で京都画壇の近代を拓いた画家。

円山応挙《双鯉図》江戸・天明2年

※所蔵はすべて公益財団法人泉屋博古館

【関連イベント】
※入館料が別途必要です
※全てのイベントはご予約が必要となります(8月25日10時~ 受付開始)先着順
【予約方法】ホームページ・電話:075-771-6411 


◇スペシャル・トーク 「京の暮らしと屏風の美」 (定員:20名)
日時:10月9日(土)18時~19時30分 同館展示室にて
講師:杉本 歌子 氏(奈良屋記念杉本家保存会 学芸部長)
屏風に囲まれた展示室で、京町家の暮らしと屏風の楽しみについてうかがいながら屏風の新たな魅力を見つけます。閉館後にじっくり鑑賞する特別なひとときをお楽しみください。 


◇オウコク・トーク (各回定員:40名) 同館講堂にて
①「京のまちが育てた櫻谷―その交流と美意識
日時:9月18日(土)14時~15時
講師:実方 葉子 氏(泉屋博古館学芸部長) 

②「京都日本画のオウコク」
日時:9月28日(火)14時~15時
講師:野地 耕一郎 氏(泉屋博古館東京館長)

③「素材と技法から読み解く櫻谷の屏風」
日時:10月13日(水)14時~15時
講師:実方 葉子 氏(泉屋博古館学芸部長)


◇同時開催:青銅器館「中国青銅器の時代」「泉屋ビエンナーレ2021」スライド列品解説
(定員:40名)同館講堂にて
日時:9月19日(日)14時~15時
講師:山本 尭 氏(泉屋博古館学芸員)

★京都新聞での特集記事はコチラから読めます★
同時開催「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」のページはこちら

開催期間2021年9月11日(土)~2021年10月24日(日)
時間10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日(9月20日は開館)9月21日(火)
会場 住友コレクション 泉屋博古館
京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
ホームページhttps://sen-oku.or.jp/kyoto/
料金一般800円、高大生600円、中学生以下無料
※障害者手帳ご提示の方は無料
※本展覧会の入場料で青銅器館・泉屋ビエンナーレ2021もご覧いただけます
お問い合わせ泉屋博古館
電話:075-771-6411(代)
主催/後援など主催:泉屋博古館、京都新聞
後援:京都市、京都市教育委員会、京博連、(公社)京都市観光協会、NHK京都放送局
備考※新型コロナウイルス感染症予防のため、予定を変更・中止する場合があります。同館HP、Twitter、Facebook等で最新情報をご確認ください。