アート・展示
女性におすすめ
京都ならでは!
終了

開催期間:2017年10月28日(土)~2017年12月3日(日)

◆終了◆ 生誕140年記念特別展 木島櫻谷 ―近代動物画の冒険

◆終了◆ 生誕140年記念特別展 木島櫻谷 ―近代動物画の冒険

明治から昭和に活躍した京都の日本画家・木島櫻谷(このしま・おうこく 1877‐1938)。特に高く評価されてきた動物画は、徹底した写生、卓越した技術、独特の感性があやなすものです。どこかもの言いたげで優しい眼差しの動物たちが、今秋一堂に集います。

眠りから覚めた京都画壇の雄、その名は木島櫻谷
”このしまおうこく”と読みます。

木島櫻谷(このしま・おうこく)とは
近代の京都を代表する日本画家のひとりとして知られる木島櫻谷。明治10年(1877)京都・三条室町の商家に生まれ、円山四条派の流れをくむ今尾景年に入門し画技を学びます。20代から頭角を現し、明治後半から大正期にかけて文展・帝展の花形として活躍し、京都画壇の巨人・竹内栖鳳と並び立つ人気を博しました。近年、櫻谷の画業が改めて注目され、本年は生誕140年のメモリアルイヤーにあたります。

ここがみどころ!
櫻谷の画業のなかで最も高く評価されるのが動物画。その代表作はもちろん未公開作品を一堂に公開!徹底した写生を基礎に、卓越した技術と独自の感性で再構築された櫻谷の「動物画」をご堪能いただけます!確実で精緻にとらえられた動物の表情は、一方で情趣にあふれ、どこかもの言いたげ。それは時代を超えて人を惹きつける普遍性をもち、いま海外でも注目を集めつつあります。また、あわせて櫻谷が暮らした家・櫻谷文庫に残された多くの資料調査から判明した制作背景をテーマごとに紹介します。
●主な出品作品●
 《かりくら》明治43(1910)年 櫻谷文庫
 《寒月》大正元(1912)年 京都市美術館
 《獅子図》昭和年間 櫻谷文庫


※作品画像は、上から
・《獅子図》(部分)昭和年間 櫻谷文庫
・《かりくら》(右隻)明治43(1910)年 櫻谷文庫


★★NEWS★★
「今年の秋は櫻谷づくし!」
 生誕140年にあたる今年、京都市内の3施設で櫻谷の画業、暮らしぶり、人物に迫る興味深い展覧・展示がほぼ同時期に楽しめます!
・「生誕140年記念特別展 木島櫻谷―近代動物画の冒険」(10/28~12/3)泉屋博古館
・「木島櫻谷の世界」(10/28~12/24)京都文化博物館2階総合展示
・「京都市指定文化財 木島櫻谷旧邸 特別公開」(10/28~12/3の金土日祝)櫻谷文庫


★★★2017年10月27日付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面がコチラでもご覧いただけます。

開催期間2017年10月28日(土)~2017年12月3日(日)
時間午前10時~午後5時(入館は午後4時30分前まで)
休館日月曜日
会場 住友コレクション 泉屋博古館
京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
ホームページhttps://www.sen-oku.or.jp/
料金一般800円、高・大学生600円、中学生350円(小学生以下無料)
※20名以上は団体割引20%、障害者手帳ご提示の方は無料
※特別展・青銅器館両方ご覧いただけます
お問い合わせ泉屋博古館
電話:075-771-6411
主催/後援など主催:公益財団法人 泉屋博古館、公益財団法人 櫻谷文庫、京都新聞、BSフジ