アート・展示
終了まで61日

開催期間:2019年7月27日(土)~2019年10月20日(日)

いろトリどり ―描かれた鳥たち―

いろトリどり ―描かれた鳥たち―

大堰川沿いを歩いていると、川には鴨が泳ぎ、あちこちから色んな鳥の鳴き声が聞こえてきます。
すぐそばにいるようですが、警戒心が強くてなかなか近くで姿を見せてくれない鳥。
日本の風土に根ざした鳥たちは、自然の一部として、また興味深いモチーフとして、多くの画家によって描かれてきました。
本展覧会では、江戸時代から近現代までの多種多彩な鳥にまつわる絵画を展示し、実際の鳥と描かれた鳥との比較を通して、鳥の魅力に迫ります。

開催期間2019年7月27日(土)~2019年10月20日(日)
時間10時~17時(入館は16時半まで)
休館日毎週火曜日
会場 嵯峨嵐山文華館
京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町11
ホームページhttp://www.samac.jp/
料金一般・大学生=900円(800円)、高校生=500円(400円)、小中学生=300円(250円)
※()内は団体料金
※障がい者と介添人1名まで500円(400円)
※幼児無料
お問い合わせ075-882-1111(嵯峨嵐山文華館)
主催/後援など主催:嵯峨嵐山文華館、京都新聞
後援:京都府、京都市教育委員会
協力:(公財)山階鳥類研究所、(一社)嵐山鵜飼観光文化振興協会
備考※本展入館券で、常設展「百人一首ヒストリー」もご覧いただけます