アート・展示
女性におすすめ
京都ならでは!
終了

開催期間:2019年6月8日(土)~2019年6月30日(日)

◆終了◆ 安珠写真展 Invisible Kyoto ―目に見えぬ平安京―

◆終了◆ 安珠写真展 Invisible Kyoto ―目に見えぬ平安京―

京都の源流である平安京の人々は、見えない世界を信じ、平和を願ってきました。写真家・安珠が伝承されている物語をもとに写真で表現した作品から、千年以上前の日本人が持っていた想像力と美意識に迫ります。

“安珠の写真世界”で触れる、
千年前を生きた日本人の感性

情緒豊かで想像力たくましい平安時代の人たちは、儚い命をどう生きぬいたのでしょう。
今に伝わる物語を紐解き、平安京を写真で表現する“Invisible Kyoto”。
写真家・安珠が3年にわたって取り組むプロジェクトの終焉にあたり、その集大成を京都でご覧いただきます。

「蝶獣戯画(部分)」鬼や生き物が豊かに表現された時代。美しい蛾は、当時の女性に人気のあったヒメヤママユ。

京都の伝統工芸や貴重な和紙を駆使して表現した約80点の作品を展示します。
会場内の音楽は細野晴臣氏が制作。日本人の想像力と美意識、平和への願いが集結した平安京を“安珠の写真世界”でご堪能ください。

「青馬」馬は陽の獣、青は春の象徴色。平安時代から今も正月の7日に青馬を眺め邪気を払う。(上賀茂神社 神馬)

「菊の匂いに誘われて」菊の匂いに誘われて、白狐に戻ってしまった安倍晴明の母、葛の葉。変転を集約。

「地獄・蜘蛛の糸」地獄の概念は平安時代に浸透していく。

作品はすべてⒸ安珠


安珠(あんじゅ)プロフィール

東京出身。ジバンシーにスカウトされ、パリコレなど国際的なモデルとして活躍後、1990年『サーカスの少年』を出版し写真家に転身。広告、雑誌連載、文筆や講演、多ジャンルの審査員、ビジュアルプランから映像監督まで幅広く活躍。安珠写真展「Invisible Kyoto -Tokyo edition-」をライカGINZA SIX(GINZA SIX5F/5月16日~9月24日迄)で開催。https://www.anjujp.com

【安珠 ギャラリートーク】
6月9日(日)の午後2時30分
6月16日(日)の午前11時30分
6月15日(土)・6月28日(金)・6月29日(土)の午後2時30分、午後4時30分
6月30日(日)の午前11時30分、午後2時30分、午後4時30分

※各回約30分 事前申し込み不要、入館券が必要
※館内を移動しながらマイクで解説します
混雑時には入館制限を行う場合があります

【ナイト★ミュージアム】
*閉館後、各回80名様限定の展覧会鑑賞とスペシャルトーク!

左=アルトノイ 酒井はな(舞踊家)Photo : Tomohide Ikeya
右=アルトノイ 島地保武(舞踊家・振付家)Photo:Ryu Endo

左=野口健(アルピニスト)右=夢枕獏(作家)
日時:第1夜/6月9日(日)アルトノイ(酒井はな・島地保武)×安珠 演奏:雲龍(笛奏者)
第2夜/6月14日(金)野口健(アルピニスト)×安珠
第3夜/6月15日(土)夢枕獏(作家)×安珠

いずれも午後7時から午後9時(スペシャルトークは午後8時15分から午後9時)
会場:美術館「えき」KYOTO
入場料:お1人さま1,500円(展覧会入館料含む)
定員:80名(中学生以上)
申し込み:ローソンチケット(Lコード52577)にて入場券販売。
定員に達し次第販売終了。
第1夜・第2夜は5月25日(土)から、第3夜は5月22日(水)から販売開始。
※全席自由席です。スペシャルトークは、入場券に記載の整理番号順にお席へご案内いたします

【細野晴臣×松本隆×安珠 トークショー】

日時:6月16日(日)午後6時30分開場/午後7時開演※午後8時30分終演予定
会場:キャンパスプラザ京都5階(京都駅下車・ビックカメラ向かい)
入場料:お1人さま2,000円(展覧会入館料含む)
定員:240名(中学生以上)
申し込み:5月18日(土)からローソンチケット(Lコード52577)にて入場券販売。
定員に達し次第販売終了。
※全席自由席です。当日、開場時間になりましたら、入場券の整理番号順にご入場いただきます

展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合があります。
予めご了承ください。


☆★☆★☆2019年6月7日付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます!!

開催期間2019年6月8日(土)~2019年6月30日(日)
時間午前10時から午後8時
入館は閉館30分前まで
休館日会期中無休
会場 美術館「えき」KYOTO(JR京都駅すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
ホームページhttp://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
料金一般900(700)円、高・大学生700(500)円、小・中学生500(300)円
()内は前売、「ファッションカンタータ入場券」ご提示のご本人さまおよび「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。前売り券は6月7日(金)まで美術館「えき」KYOTOチケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード769-594)、ローソンチケット(Lコード52577)などで発売。
お問い合わせジェイアール京都伊勢丹 075-352-1111(大代表)
主催/後援など主催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞