• トップ
  • イベントを探す
  • ◆終了◆ 堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる ―印象コレクションの秘仏初公開・まぼろしの四天王寺宝塔の仏画―
アート・展示
京都ならでは!
終了

開催期間:2019年5月29日(水)~2019年9月23日(月)

◆終了◆ 堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる ―印象コレクションの秘仏初公開・まぼろしの四天王寺宝塔の仏画―

◆終了◆ 堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる ―印象コレクションの秘仏初公開・まぼろしの四天王寺宝塔の仏画―

日本画家・堂本印象は生涯多くの仏画を描きました。
その代表作とされるのが、1940年に手掛けた大阪の四天王寺宝塔の堂内絵画です。この宝塔は、不運にも1945年に戦火によって消失してしまいましたが、下絵は現在まで残されています。
本展では、この四天王寺宝塔の下絵計24点を前期後期通じて一挙に公開!
また関連する仏画も展観し、印象が宝塔の絵画を描いた軌跡をたどります。

さらに、本展では堂本印象コレクションの仏像を初公開。
優れた目利きとしても知られる印象が自身で集めた、平安~鎌倉時代の貴重な仏像をご覧いただけます。

<まぼろしの四天王寺宝塔の仏画下絵一挙公開!>

多くの仏画も描いた日本画家・堂本印象。
1940年に手掛けた大阪の四天王寺宝塔の堂内絵画は、その代表作とされています。
しかし1945年、宝塔は戦火によって失われてしまいます…

宝塔は焼失してしまいましたが、幸い下絵は残されていました。
本展では四天王寺宝塔の下絵24点を、前期後期合わせて一挙公開します!

また、その他堂本印象が描いた仏画なども紹介します。

<印象コレクションの秘仏初公開!>

堂本印象は、優れた目利きとして仏像の収集も行っていました。

残された写真からも、印象が仏像を愛でていたことが分かります。

本展では、印象が自ら集めた平安~鎌倉時代の貴重な仏像4体を初公開!

中でもこの阿弥陀如来坐像は、鎌倉前期の写実様式を伝える彫刻史上重要な作例の仏像です!
是非この機会にご覧ください。

 

<関連イベント>
会期中、ギャラリートークや講演会、ワークショップなどさまざまな関連イベントが開催されます。
詳細はこちら

 


☆★☆★☆2019年5月26日付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます!

開催期間2019年5月29日(水)~2019年9月23日(月)
時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
会場 京都府立堂本印象美術館
京都市北区上柳町26-3
ホームページhttp://insho-domoto.com/index-j.html
料金一般500(400)円、高校・大学生400(320)円、小・中学生200(160)円※()内は20人以上の団体料金
※65歳以上の方(要公的証明)及び障碍者手帳をお持ちの方(介護者1名含む)は無料
※トマト倶楽部会員カード提示で20%割引
お問い合わせ京都府立堂本印象美術館 075-463-0007
主催/後援など主催:京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞
助成:一般財団法人地域創造