アート・展示
京都ならでは!
終了まで45日

開催期間:2018年3月21日(水)~2018年6月10日(日)

リニューアルオープン記念展覧会「堂本印象 創造への挑戦」

リニューアルオープン記念展覧会「堂本印象 創造への挑戦」

堂本印象の名作と美術館建築がともに楽しめる、京都府立堂本印象美術館。同館は堂本印象の芸術そのものといえます。そのことを大切に、半年ぶりに生まれ変わります。リニューアルオープン記念展の第一弾として、「堂本印象 創造への挑戦」を開催します。一つの様式に安住することなく、常に新しい日本画を追求し続けた堂本印象の多彩な画業を紹介します。

京都府立堂本印象美術館は、日本画家で文化勲章受章者の堂本印象(1891~1975)によって設立され、昭和41年(1966)10月に開館、平成4年(1992)に府立として再開館しました。これまで印象の作品だけではなく、日本画をテーマにしたさまざまな企画展を実施し、皆様に親しまれてきました。京都府では創立50周年を記念して平成29年(2017)より大規模工事を行い、このたび、平成30年(2018)3月21日にリニューアルオープンします。 リニューアルオープン企画展の第一弾は「堂本印象 創造への挑戦」。一つの様式に安住することなく、常に新しい日本画を追求し続けた堂本印象の多彩な画業を紹介します。

なかでも、大正時代の若き日の出世作「調鞠図」<大正10年(1921)永青文庫蔵 前期展示>は、同館では実に26年ぶりの公開となります。

また、最晩年に最高裁判所のために描いた長さ11メートル以上の巨大額絵「豊雲」<昭和49年(1974)>も特別に展示します。印象自らが建てた美術館で、初期から晩年までの印象の傑作が一堂に揃う貴重な機会となります。

※会期中、一部展示替えがありますのでご注意ください。(前期=3月21日~4月30日/後期=5月2日~6月10日)

 

写真は上段左から、
・「木華開耶媛」昭和4年(1929) 京都府立堂本印象美術館
・「調鞠図」(双幅)大正10年(1921)永青文庫【3/21~4/30展示】
・「豊雲」昭和49年(1974)


★2018年3月19日(月)付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます。

開催期間2018年3月21日(水)~2018年6月10日(日)
時間午前9時半~午後5時(入館は30分前まで)
休館日月曜日(ただし、4月30日(月・祝)は開館、翌5月1日(火)休館)
会場 京都府立堂本印象美術館
京都市北区平野上柳町26-3
ホームページhttp://insho-domoto.com/
料金一般500円(400円)、高校・大学生400円(320円)、小・中学生200円(160円) ※( )内は団体料金、65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
お問い合わせ京都府立堂本印象美術館 075-463-0777
主催/後援など主催:京都府、京都府立堂本印象美術館、京都新聞
後援:NHK京都放送局、MBS、KBS京都、エフエム京都
助成:一般財団法人 地域創造
協賛:野崎印刷紙業株式会社