アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
京都ならでは!
開催まで57日

開催期間:2022年3月25日(金)~2022年5月22日(日)

兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

生きた人間の姿を木や土に写し取ったものを俑(よう)といい、古代中国の人々は死後の世界で被葬者を守るために埋葬した遺体に添えました。1974年に偶然発見された秦始皇帝陵の兵馬俑は、約8000体と推計されています。
本展では、秦漢両帝国の中心地域である関中(現在の陝西省)の出土品を中心に、日本初出の一級文物を含めた約200点を一堂に展示。戦国時代の極小の騎馬俑が、なぜ始皇帝陵の等身大の大きな兵馬俑となり、また漢代皇帝陵ではなぜ小さな兵馬俑になったのか、歴史の不思議を紐解きます。
始皇帝陵や漢代の皇帝陵とエジプトのピラミッドとの類似性を衛星画像から追究するなど西方文化と比較することで、世界史の中から秦漢文明の遺産を観察する視点を提示します。

1972年の日中国交正常化宣言から50周年を迎える2022年、皇帝の死後を守り続けてきた兵馬俑が来日、古代中国の歴史に焦点をあてます。ここ京都より開幕です。


日中国交正常化50周年記念
兵馬俑と古代中国
~秦漢文明の遺産~

始皇帝 最強の軍団
いざ京都に


兵馬俑坑

日本初公開の将軍俑
11体しか発見されていない将軍俑のうち、日本初公開となる一体を指定しました。

戦服将軍俑
秦時代 高さ 196cm
秦始皇帝陵博物院 一級文物

俑の時代変遷と圧巻の兵馬俑群
将軍俑に加え、武士俑、騎兵俑など計36体の兵馬俑、レプリカの銅車馬や兵馬俑の隊列展示、ヒツジやブタなどの動物俑、青銅器、金印など多彩な遺物から古代中国文明を紹介。

騎馬俑
戦国時代 高さ22cm
咸陽市文物考古研究所 一級文物


彩色歩兵俑
前漢時代 高さ50cm
咸陽博物院


彩色騎馬俑
前漢時代 高さ68cm
咸陽博物院

兵馬俑のほか、貴重な文物を多数展示


鎏金馬
漢時代
茂陵博物館 一級文物


鳳凰銜環青銅薫形器
戦国時代
宝鶏市鳳翔区博物館 一級文物

※一級文物 最高級の貴重文物を指す中国独自の区分

開催期間2022年3月25日(金)~2022年5月22日(日)
時間10:00〜18:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日月曜日(予定)
※祝日の場合は開館
会場 京都市京セラ美術館 本館北回廊2階
京都市左京区岡崎円勝寺町124
ホームページhttps://heibayou2022-23.jp/
お問い合わせheibayo-kyoto@sankei.co.jp
主催/後援など主催:京都市、産経新聞社、関西テレビ放送、京都新聞、陝西省文物局、陝西歴史博物館(陝西省文物交流中心)、秦始皇帝陵博物院
後援:外務省、中国大使館、公益社団法人日本中国友好協会、京都府教育委員会、京都市教育委員会
協賛:DNP大日本印刷
協力:一般財団法人日本中国文化交流協会、東海大学情報技術センター
監修:鶴間和幸(学習院大学名誉教授)