アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
滋賀ならでは!
終了まで30日

開催期間:2019年3月21日(木)~2019年5月19日(日)

春季特別展「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」

春季特別展「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」

龍寶山(りゅうほうざん)大徳寺は、嘉暦元年(1326)大燈国師・宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)によって京都紫野に開かれた臨済禅の大本山です。その塔頭のひとつ龍光院は、黒田長政が父・黒田孝高(如水・官兵衛)の菩提を弔うため、江月宗玩(こうげつそうがん、1574-1643)を実質的な開祖として、慶長11年(1606)に建立されました。当時の龍光院は、高松宮好仁親王、小堀遠州、松花堂昭乗ら一流の文化人が集う寛永文化の発信地でした。爾来四百有余年その法燈を守り続け、江月和尚の教えを今に伝えています。

本展は龍光院の全面協力を得て、国宝「曜変天目」や「蜜庵咸傑墨蹟」、重要文化財「柿・栗図(伝牧谿筆)」、「油滴天目」など寺伝の名宝が初めて一挙公開されます。

また、通常龍光院で行われている学びの会や坐禅の会などが、展覧会の会期中に限りMIHO MUSEUMに場所を移して開催されます。

開創以来脈々と受け継がれてきた禅の法燈、大徳寺龍光院の歴史と今の姿に触れる千載一遇の機会となることでしょう。

禅と茶の至宝、龍光院四百年の扉が開く

「私が小僧の頃、虫干しの手伝いは秋の恒例であった。和尚が朝からせっせと鴨居に掛けた軸物を、長竿で下ろし、教えられた通りに箱にしまう。学校から帰ってくると、和尚と二人、日が暮れるまでこれにかかった。お寺がどうして美術館のように多くの作品群を収蔵しているのか、不思議に思えてならなかった。恥ずかしながら、その理由がボンヤリわかりはじめたのは、つい最近のことである。
『そうか!心ある人にみてもらうためにお寺に在るんだ』と。」

龍光院住職 小堀月浦


小堀月浦和尚と龍光院兜紋
小堀月浦和尚と龍光院兜門


展示構成

 一. ⿓光院二世 江⽉宗玩
   ・開祖忌の室礼
 二. 王寺屋・津⽥家
 三. 紫野仏法の法脈
   イ. 祖師と東漸
   ロ. 紫野仏法
 四. ⽉宗玩―その⽣涯と周辺―
   イ. 江⽉の⽣涯
    ・師 春屋宗園
    ・紫⾐事件と⼤徳寺復興
    ・江⽉の眼と⿓光院伝来の茶道具
   ロ. 江⽉の交友
   ハ. 帰依の⼈々
   ニ. 江⽉の法脈
 五. 光院の今

※会期中一部展示替えあり

国宝 曜変天目
国宝 曜変天目
南栄時代12ー13世紀
大徳寺龍光院蔵 全期間展示

 

イベント&プログラム
  ※参加無料(入館料要)当日美術館棟受付にて整理券配布

◇講演会
 
 ① 3 月31 日(日)「江月宗玩と龍光院の宝物」 
           門脇 むつみ(美術史家)
※終了しました
 ② 4 月14 日(日)「染織品に見る大航海時代ー龍光院所蔵品からー」
           山川 暁(京都国立博物館 企画・工芸室長)※終了しました

 ③ 4 月21 日(日)「曜変天目の魅力と謎に迫る」
           小林 仁(大阪市立東洋陶磁美術館 学芸課長代理)
 ④ 4 月29 日(月・祝)「龍光院宝物の魅力」
           朝賀 浩(京都国立博物館 学芸部長)
 ⑤ 5 月12 日(日)「蜜庵席ー龍光院の建築」
           池田 俊彦(建築史家)
 いずれも、
 ●南レクチャーホール ●14:00~15:30 ●定員100 名

◇龍光院三会
 龍光院で定期的に行われている三つの会が、展覧会会期中MIHO MUSEUMに会場を移して開催されます。
 ※一般の方もご参加いただけます。

 ① 【看松会(かんしょうかい)】 ※こちらのイベントは終了しました
   ≪茶書講義の会。龍光院の先師、南嶺和尚の仰る「趣味や社交の茶ではなく、
   利休本来の禅の生活化としての茶の湯」を実践修行する場としていきたいとの
   和尚様の思いから開かれています。≫

   特別講演「龍光院の茶の湯」
   講師:熊倉 功夫(MIHO MUSEUM 館長)

   ●3 月23 日(土)14:00~15:30 ●南レクチャーホール ●定員100 名


 ② 【寸松塾(すんしょうじゅく)】 ※こちらのイベントは終了しました
   ≪論語の勉強会。通常は龍光院にて親子で作務、坐禅ののち、論語の勉強をします。
   今は一寸の松のように小さなこどもたちが、心豊かにたくましく育って大樹となり、
   世のため人のためになってほしいとの和尚様の願いが込められています。≫

   こどもと大人のための論語塾
   講師:安岡 定子(論語塾講師)

   ●3 月24 日(日)13:00~14:00 ●南レクチャーホール ●定員100 名
   ●主に親子対象(小学生以上)


 ③ 【欠伸会(かんしんかい)】※こちらのイベントは終了しました
   ≪開祖江月宗玩和尚語録の勉強会。芳澤先生の厳しくも温かいご指導のもと、
   禅の教えに共鳴する老若男女が集い学んでいます。≫

   特別講演「江月和尚と欠伸稿(かんしんこう)」
   講師:芳澤 勝弘(禅学・禅宗史研究家、花園大学国際禅学研究所顧問)

   ●4 月7 日(日)14:00~15:30 ●南レクチャーホール ●定員100 名

◇坐禅の会
 龍光院の小堀月浦和尚による坐禅の会

 3 月28 日(木)、30日(土)
 4 月4 日(木)、6日(土)、11日(木)、13日(土)、18日(木)、20日(土)、25日(木)、27日(土)
 5 月9 日(木)、11日(土)、16日(木)、18日(土)

 ●会場:南レクチャーホール ●14:00~14:45、14:45~15:30(入れ替え制で各日2回)
 ●定員:各回50 名
 ※ 3月28日(木)は14:45~の1回のみ
 ※ 4月6日(土)は14:00~西村古珠住職(寶林寺住職)による紙芝居「大燈国師物語」が加わるため、坐禅の会は14:45~の1 回のみ。

くわしくは「MIHO MUSEUM」イベント・プログラム へ

 


春の夜間特別開館

内田輝(あきら)コンサート
Silent Prayer―ソプラノサックスとクラヴィコードの夕べ―

内田輝

●5 月14 日(火)
17:00~夕食
(秀明自然農法食材の松花堂弁当、MIHOオリジナルワインまたはサワードリンク付)
18:30~コンサート
(美術館棟エントランス特設ステージ)
 曲目:即興曲、J.S.Bach 無伴奏チェロ曲より抜粋、グレゴリオ聖歌を主題にした即興曲 ほか

参加費:一般 6,500 円
MIHO MUSEUM 友の会会員5,000 円
料金には美術館入館料、コンサート鑑賞、ご夕食、消費税をすべて含みます。

申込方法:MIHO MUSEUMイベントページから申込書をダウンロードしてファックスまたは郵送。
     メール(information@miho.jp)の場合、申込書の項目内容を記入してお送りください。
     電話でのお申込み  MIHO MUSEUM広報 0748-82-3411


おもな展示作品
展示総数:約200件(会期中一部展示替えあり)


江月宗玩頂相 衆徒請(部分)
自賛・狩野探幽 筆 江戸時代 寛永12年(1635)

⼤徳寺⿓光院蔵 3/21~4/21 展示

国宝 密庵咸傑墨蹟

国宝 密庵咸傑墨蹟 璋禅⼈宛法語
南宋時代 淳煕6 年(1179)

⼤徳寺⿓光院蔵 3/21〜4/7 展⽰

重要⽂化財 油滴天⽬
重要⽂化財 油滴天⽬
附 螺鈿唐草⽂天⽬台 天字印・分銅形印
伝津⽥宗及・江⽉宗玩 所持

茶碗/金時代 12-13 世紀
天⽬台/琉球 16-17 世紀
⼤徳寺⿓光院蔵 全期間展⽰


重要⽂化財 柿・栗図 伝牧谿筆
(右)柿図 (左)栗図
南宋時代 13 世紀
⼤徳寺⿓光院蔵 4/9〜5/6 展⽰


☆★☆★☆2019年3月19日付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます!  

開催期間2019年3月21日(木)~2019年5月19日(日)
時間午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
休館日月曜日、4月30日、5月7日 ※ただし4月29日、5月6日は開館
会場 MIHO MUSEUM
甲賀市信楽町田代桃谷300
ホームページhttp://miho.jp/
料金一般1,100円、高・大生800円、小・中生300円
(20名以上の団体は各200円割引)
お問い合わせMIHO MUSEUM 0748-82-3411
主催/後援など主催:MIHO MUSEUM、日本経済新聞社、京都新聞
特別協力:大徳寺龍光院
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、BBCびわ湖放送、エフエム京都、帝産湖南交通
備考会期中一部展示替えあり