• トップ
  • イベントを探す
  • ◆終了◆茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展Ⅰ「裏千家所蔵の優品」併設展「鵬雲斎コレクション撰」
アート・展示
終了

開催期間:2019年4月16日(火)~2019年6月16日(日)

◆終了◆茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展Ⅰ「裏千家所蔵の優品」併設展「鵬雲斎コレクション撰」

◆終了◆茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展Ⅰ「裏千家所蔵の優品」併設展「鵬雲斎コレクション撰」

茶の湯に関する資料を収集し企画展示を行う「茶道資料館」が開館40周年を迎えます。また、裏千家の歴代家元が収集した文献など約6万点を収蔵する茶の湯の専門図書館「今日庵文庫」も開館50周年となります。
この節目の年を祝して、2019年、茶道資料館では二つの記念特別展が開催されます。記念特別展Ⅰは「裏千家所蔵の優品」と併設展「鵬雲斎コレクション撰」です。ぜひご覧ください。
 【前期】4月16日(火)~5月12日(日)
 【後期】5月18日(土)~6月16日(日)

裏千家今日庵が所蔵する茶道具や美術工芸品、今日庵文庫所蔵茶書および鵬雲斎(裏千家前家元)のコレクションが展示されます。

 


消息「雪の文」十二月十八日付 妙庵宛 千利休筆 今日庵蔵


☆★☆★☆2019年4月12日付京都新聞朝刊に掲載された特集紙面はコチラでもご覧いただけます。

☆★☆★☆イベントレポート「新旧茶道資料館副館長 今日庵文庫長による講演会」
6月5日(水)裏千家センターにて行われた講演会の様子をご紹介します。

伊住禮次朗 氏(茶道資料館副館長・文庫長)
「裏千家所蔵の優品―展示品で語る―」


展示されている作品にまつわるエピソードや歴史的背景を紹介。
「竹釣舟花入」や「引舟香合」のモチーフとなった風景や、移り変わる時代の中で記された「茶道の源意」の意味など、作品鑑賞をより楽しめる解説をされました。


筒井紘一 氏(茶道資料館顧問・前副館長・前文庫長)
「今日庵文庫所蔵の茶書―その収集秘話とともに―」


“ジャーナル” ― 出版することを大切に、茶道資料館・今日庵文庫に長らく関わって来られた筒井氏。
今日庵文庫に所蔵されている代表的な茶書や、過去に開催された「高麗茶碗」や「天目」「交趾」「南蛮物」を扱った展覧会など数々の業績を紹介されました。


また、本日の講演会参加者には特別なお菓子が…

「昔男」
伊勢物語を題材にした一品で、夏らしく爽やかな琥珀糖も添えられています。
(※提供は 6月5日(水)限定です)

本展覧会は 6月16日(日)まで。ぜひ足をお運びください。

開催期間2019年4月16日(火)~2019年6月16日(日)
時間午前9時30分~午後4時30分(入館は閉館30分前)
休館日月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日
展示替え期間(5月13日~17日)
会場 茶道資料館
京都市上京区堀川通寺之内上ル寺之内竪町682 裏千家センター内
ホームページhttp://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/index.html
料金一般1000円、大学生600円、中高生350円、小学生以下無料
お問い合わせ茶道資料館 075-431-6474
主催/後援など主催:茶道資料館
共催:京都新聞