アート・展示
京都ならでは!
滋賀ならでは!
開催まで14日

開催期間:2020年12月19日(土)~2021年1月15日(金)

改組 新 第7回日展京都展

改組 新 第7回日展京都展

明治40年に第1回文部省美術展覧会(略して文展)を礎とし、「帝展」「新文展」「日展」と名称を変えつつ、常に日本の美術界をリードし続けてきた日展。
当初は日本画、西洋画、彫刻の3部門でしたが、昭和2年に工芸美術が加わり、昭和23年に書も加わりました。
現在では、各部門において日本の美術界を代表する巨匠から、第一線で意欲的に活躍している中堅、新人を多数擁しており、世界にも類のない一大総合美術展として、全国の多くの美術ファンが関心を集めています。

日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5部門にわたって、全国巡回の基本作品と京都・滋賀の地元関係作品の計約500点をご覧いただけます。

陳列作品はいずれも高い水準を示すものであり、現代の日本美術を理解するのに格好の展覧会と言えるでしょう。

視覚障害者のための「手で触れる日展」
日展京都展の彫刻作品の一部を手で触れて鑑賞していただけます。

■12/20(日)10:00~12:00
■講師=木代喜司/谷口淳一
■申込み=京都府視覚障碍者協会文化部「手で触れる日展」係 TEL.075-462-2414

*ギャラリートーク(作品解説)及びワークショップ(制作体験)は、今回は開催しません。

展覧会の観覧に関するご案内

展覧会は予約制ですが、予約者数が時間帯ごとの観覧者数の定員に達していない場合は、事前の予約なしでも館内で当日受付をしていただいたうえで観覧が可能です。

予約は京都市京セラ美術館公式ウェブサイト又は予約電話まで

TEL.075-761-0239(10:00~18:00)

※電話予約は前日までです。ウェブサイトからは当日予約も可能です。
※館内が混雑した場合、予約がない方は入場制限する場合があります。
※館内ではマスクの着用が必要です。(未就学児を除く)

 

今回の出展作品

今井政之「縞河豚と慶大皿」(工)

日比野光鳳 「あたたかき心」(書)

森野泰明 扁壺「赫の弧」(工)

中井貞次「聖なる丘」(工)

 

伊藤裕司「小牡鹿」(工)

渡辺信喜「牡丹」(日)

宮瀬富之「右の一撃」(彫)

開催期間2020年12月19日(土)~2021年1月15日(金)
時間午前10時~午後6時
※入館は閉館30分前まで。
休館日12月28日(月)~1月2日(土)及び月曜日(祝日を除く)
会場 京都市京セラ美術館
京都市左京区岡崎公園内
料金一般1,100円(900円)、高大生700円(600円)
※かっこ内は前売りおよび20名以上の団体料金
※中学生以下、京都府および滋賀県に在住または通勤・通学の令和3年3月末で18歳以下の方、京都市内在住の満70歳以上の方(京都市敬老乗車証等で確認)、障害者手帳等を提示の方及びその介護者1人は無料
お問い合わせ京都市京セラ美術館 075-771-4334
主催/後援など主催:改組新第7回日展京都展実行委員会(京都市・京都新聞)
後援:京都市教育委員会、京都商工会議所、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都