アート・展示
シニアにおすすめ
女性におすすめ
キッズ・ファミリー向け
夜間イベントあり
京都ならでは!
当日参加可・予約不要
開催まで6日

開催期間:2019年4月26日(金)~2019年6月2日(日)

京都新聞創刊140年記念 川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎

京都新聞創刊140年記念 川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎

近代日本を代表する陶工の一人で、民藝運動の主要な同人でもあった河井寬次郎の初期から最晩年までの代表的な作品を網羅した「川勝コレクション」を一堂に展観します。コレクションを形成した故・川勝堅一氏は、髙島屋東京支店の宣伝部長などを務めた人物で、1921年に河井が髙島屋で最初の個展を開催して以来、その交友は生涯にわたりました。本展では濱田庄司やバーナード・リーチなど、河井とともに民藝運動に参画した作家の作品もあわせて紹介。陶工としての河井の仕事の全貌を紹介します。


 

 関連イベント 

●特別講演会「祖父・河井寬次郎と川勝堅一の絆」
 講師:鷺珠江氏(河井寬次郎記念館学芸員)
 日時:4月26日(金)午後2時~3時30分

●トークショー「河井寬次郎を語る」
 出演:桂南光氏(落語家) 聞き手:大長智広氏
 日時:4月30日(火・休)午後2時~3時

●記念講演会「河井と川勝-友情が生んだ珠玉のコレクション」
 講師:大長智広氏(京都国立近代美術館研究員)
 日時:5月6日(月・振休)午後2時~3時30分

※上記はいずれも定員100名(当日午前11時より1階受付にて整理券を配布します)、会場は京都国立近代美術館内、聴講無料(要本展観覧券)

●ギャラリートーク
 講師:大長智広氏
 日時:5月10日(金)、5月24日(金)各日午後6時~7時
 会場:展示室内
 ※各日先着20名、参加無料(要本展観覧券)
 

☆☆「陶工・河井寬次郎の器で楽しむお茶会」の実施が決定しました!☆☆

詳細はこちらから→http://event.kyoto-np.co.jp/feature/1551685419.8751/1551692708.629.html

 


その他、多彩な関連イベントを企画しています!
詳細や申し込み情報は決定次第、美術館ホームページ(http://www.momak.go.jp/)および「ことしるべ」でご案内します。

開催期間2019年4月26日(金)~2019年6月2日(日)
時間午前9時30分~午後5時
※金曜・土曜日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日
※4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館、5月7日(火)は閉館
会場 京都国立近代美術館
京都市左京区岡崎円勝寺町
ホームページhttp://www.momak.go.jp/
料金観覧料/一般 1,300(1,100)円、大学生 900(700)円、高校生 500(300)円
※かっこ内は前売りおよび20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方とその付添者(1名)は無料(要証明)
※本料金でコレクション展もご覧いただけます

【チケット販売所】
京都国立近代美術館、京都新聞1階文化センター、セブンイレブン、ローソン(Lコード:56838)、イープラスほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなど(チケット購入時に手数料がかかる場合があります)
※お得な前売券は4月25日まで販売
お問い合わせ京都国立近代美術館 
TEL:075-761-4111
主催/後援など主催=京都国立近代美術館、京都新聞
特別協力=河井寬次郎記念館